ネル…と聞くと涙が出るわけ | 空の続きはアフリカ
<< 私の方が絶対正しいのに! | main | 七面鳥をローストすると >>
ネル…と聞くと涙が出るわけ

【2009.12.21 Monday 15:57
 私は「ネル……」と聞くだけで涙が出てきてしまうのだ。

まだあればマラウィに住んでいたとき。南アフリカ出身の人の家に遊びに行くだけで涙がウルウル出てしまい自分で自分を呆れた。でもそのくらい、南アとは、私にとって、「奇跡の国」だったのだ。まして、その頃、南アに移住するとは夢にも思っていなかった。

「ネル……」とは、もちろん、「ネルソン・マンデラ」氏のこと。

そして、まずいなぁ、という予感はあった。きっと、最初から最後まで涙が止まらないだろうなぁと。

だって、この映画、マンデラ氏がどのようにして、自分を迫害してきた南アの白人たちに自分たちが暴力を使わずに彼らを許し、そして彼らから受け入れられたか、ということを南アでは圧倒的に“白人のスポーツ”、ラグビーを通して描かれているのだ。



2009年の12月11日、全米で封切りになったばかりのハリウッド映画。ここ南アでも同じく封切りされた。クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマンがマンデラ氏、そしてマット・デーモンがこの時の南アのラグビーチームのキャプテン、フランシス・ピネアを演じている。

ちょっと脱線するが、それにしても、クリント・イーストウッドは、近年、ものすごく見応えのある映画をたくさん監督していると思う。モン族のことを描いた Grand Trino も傑作だと思った。実は、私はこのモン族のことは数年前に、大変印象深い本『The Spirit Catches You and You Fall Down』で出会っていて、このことはまた別の機会に書かせていただくことにする。

さて、案の定、映画の冒頭から、私は涙と鼻水でぐずぐず……。

私くらいマンデラ氏のことを大好きで、マンデラ氏のことをこれだけ長い間、様々なメディアで追い、子ども向けの本まで日本語で出版させていただいているのに、この映画を見て、つくづく、「そうだよねぇ、白人たちが初めからマンデラさんを受け入れていたわけないよね」と、思い当った。

考えてみれば、私が南部アフリカに住み始めたのは、2001年くらいからだから、もうその頃には、マンデラ氏は、大統領職もきっぱりさっぱり一期で退任していた。彼の任期中、最初は彼と彼の黒人政権に仕返しをされるだろう、と疑いを持っていた南アの白人たちもマンデラ氏の度外れた、尋常ではない、度量の大きさ、懐の深さを認めざるを得なかった。そして、皆が彼を敬愛するようになった。

だって、彼は白人に仕返しをしなかった。自分と自分の仲間を迫害し、多くの人を監獄につなぎ、権利を奪い、命を奪った人たちに、一切の仕返しをしなかった。

自分から、この国の圧倒的多数の黒人たちに、「お手本」として、こう言い続けた。

「私をリーダーとして選んでくれたんだよね。だったら、私の言うことを信じて欲しい。白人を迫害したり、差別したりしたら、駄目なんだ。彼らを許そう、彼らと一緒にこの新しい南アフリカを造っていこう」

映画の中でも、当初彼のこういった姿勢を側近から、「それでは逆に、自分のことを聞け」という独裁者のメッセージになってしまう」という意見もあった。家族も彼のあまりの寛容の姿勢を最初は受け入れられなかった。でも、彼は、「いや、違う、私が手本を見せないと駄目なんだ」という確固たる意志を曲げなかった。

マンデラ氏の凄さはここにある。

彼の潔さや寛容の精神も凄いのだが、リーダーとして自分の評判を気にする、ということよりも何よりも、真に必要なことは断固でもやり遂げる、という姿勢。もちろん、これは両刃の剣。使い方を誤れば、悲劇はどこの文明にもあることを歴史が証明している。

でも、マンデラ氏はきっぱりとそれを成し遂げ、さっさとその権力も未練なく投げ出した。

南ア人が人種を超えて、彼のニックネーム、“マディーバ” を口にするとき、どんな早口の人でも、「マ・ディー・バはね……」と、ゆっくりになるのは、彼らのマンデラ氏への尊敬が込められている。多くの人が彼の名前を口にするだけで、極上のお菓子でも、はたまたワインでも口にしているかのように、恍惚の表情になるのもとっても素敵。

映画になる前から、私はマンデラ氏が1995年のラグビー・ワールドカップの最終戦で、南アのナショナルチームのユニフォームを着て選手たちを激励したことを知っていた。そして、それがどれだけ多くの白人南ア人の心を動かしたかも知っていた。

でも、この映画を見て初めて、それが実際にどんなものであったのか、ということを映像で教えてもらった。

そして、

「ああ、分かったような気になっていたけれど、ちっとも分かっていなかった」

と、改めて、その当時の南アの人たちの思いを考えた。

人種差別政策(アパルトヘイト)を実施していた白人政権は実は自分たちの仲間である白人たちからも、彼らの権利を奪っていたのだ。多くの一般の白人南ア人は、「黒人は劣っている人種であり、自分たちが支配しなければ、何もできない。マンデラ氏の所属しているANCとはテロリスト集団」ということを、これでもか、これでもか、と人々に伝え、彼らを洗脳していた。

そして、多くの南ア人が、自国を出て初めて、自分たちの祖国がどれだけ国際的に非難されているかを知った。

だって、国内には白人政権をきちんと批判する力が育っていなかったから。多くの人たちは、政府の流す自分たちに都合のよい情報しか入手方法がなかったから。

「世界のスカンク」とはその頃の南アのあだ名。

テレビ番組でさえ、欧米の物は許可されていなかったのだ。

そういった中でも、もちろん、果敢に政府に抵抗する運動家はいた。でも、一般の大衆はそういうことから遠かった。

だからこそ、マンデラ氏が27年間の投獄生活から解放されても、それは、「自分たちが今度は迫害される」という思いが人々の頭によぎった。実際、多くの白人南ア人がこの頃海外移民をしている。

黒人が、「今度は自分たちの番だ」と高揚するのも当然。そして、「白人をやっつけよう!」と思ったとしてもそれは当然のことだった。映画の原作となった本にも、この当時の南アは内戦状態になる要素は必要以上にあったと明記している。

が、マンデラ氏とその仲間たちは、内戦でこれ以上の犠牲を増やすことを選ばなかった。これが、「南アの奇跡」なのだ。

この「南アの奇跡」は、別名、「交渉による革命」とも呼ばれている。

私は平和や人権と言った概念を教育にいかに取り入れるか、ということを研究し、実践してきた人間として、まだまだその転換期にある南アに住んでそのマンデラ氏の蒔いた種がどんな形で大きな実りになるかを見届けたい、と思い、いま、ここで生活している。

映画館の隣に座っていた白人老夫妻が、私が上映中、ずっと泣いていたことに気がついたようだった。「どうして?」と明るくなりかけた館内で私を見つめた。私が、「I love Madiba! 」と言うと、「Oh, you too?」と言って、笑顔になった。

さて、最後に、実は、南ア国内では、この映画は手放しで歓迎されていないことも参考のために付け加えておこう。それは、このハリウッド映画が主演級の俳優に南ア人以外の俳優を採用したことに原因がある。

モーガン・フリーマンのマンデラさんの英語にも、かなり文句が集まっている。が、マット・デーモンの白人南ア英語には、かなり辛口のラジオのパーソナリティたちも、口をそろえて、「完璧!」と称賛しているのは微笑ましい。


author : y-mineko
| 読書のこと、映画のこと | comments(8) |

この記事に関するコメント
峰子さんのこの記事を読みながら、涙がぼろぼろでてきます。日本での封切りが町待ち遠しいです。
そしてマンデラさんとラグビーのこと、調べてみますね。

峰子さん、暴力を使わない、攻撃しない、そんな革命は可能ですよね。モデルとなってくれる人と方法を知っている私たちは幸せです。
| 谷澤 | 2009/12/21 6:31 PM |
久美子さん、

日本でもこの映画のマスコミ用の試写が始まったようです。公開もマジかだと思います。

思えば、久美子さんが私のコラムにコメントを残してくださったのが、やはりマンデラさんの映画がきっかけでしたよね!

ほんと、マンデラさんは私たちのヒーローですよね!
| 吉村峰子 | 2009/12/24 3:19 AM |
私も早くこの映画を見に行きたいです。
実は今日本に一時帰国していますが,また一月に南アに戻ったらさっそく映画館に行こうと思います。(でも字幕なしなので,かなりつらいかなー)

息子もまだ小さいですが,小さい今の時期だからこそ,マンデラさんとは,
アパルトヘイトとは…ということを考える機会が持てた事は,本当によかったと思います。


「マンデラの名もなき手紙」も見ました。
「ツォッツィー」も見ました。
南ア制作の映画も,今まで知りませんでしたが,たくさんあるんですよね。
| madoka | 2009/12/28 8:10 AM |
madoka さん、

そうですか!いま日本なんですね。ゆっくりしてこちらに帰ってきてくださいね。この映画、おススメです。ぜひまた見た感想も聞かせてくださいね。

佳いお年を!
| 吉村峰子→madokaさん | 2009/12/31 3:38 AM |
こんにちは。吉村さんの日記を読んで今日、インビクタス見てきました。
私も始まったとたんから終わるまで、どど〜〜っと涙が止まりませんでした。
私が20年間関わって来た韓国と日本の関係が南アフリカの白人黒人の関係に重なりましたでした。
去年亡くなった金大中氏はマンデラ氏のような方ではなかったかと思いました。
もっと知らなければと思いました。
日本にはマンデラ氏のような政治家がいない事をしみじみ残念です。
そして「よけいなもの」として予算が切り捨てられているスポーツや芸術、科学、などなどが実は国の窮地を救う最も有効な手段なのかもしれません。
国の予算の配分に異議を唱えるのは難しくても、自分自身に対してこのような「よけいなもの」への支出は削るまい、との気持ちを新たにしました。
良い映画でした。
ありがとうございました。
| doracoco | 2010/02/08 10:40 PM |
吉村様 ご無沙汰しております。
封切りの翌日にインビクタスを1時間離れた町に観に行きました。
見応えのある素晴らしい映画でした。大統領とフランシスとの面会の場面が忘れられません。ドラマチックな展開でしたが真実なのですね。吉村さんに出会えなければ見逃していた映画だったでしょう。
去年の暮に了解をいただいていた、中古のサッカーボールが集まったとの連絡がありました。手元に届き次第に船便で発送いたします。
今回はだいたい20ケ程度だそうです。続けて集めるように手配しております。品物を見てからご意見をください。僕のメールアドレスに送付先の住所をお知らせください。費用は僕の負担です。
| 黒田勝也 | 2010/02/10 2:02 PM |
|doracocoさん、

そうですか!| doracocoさんも涙が止まらなかった組ですね。実は、2月11日は、マンデラさんが釈放されてから、20周年の記念日なんですよ。

毎日ローカルのテレビが、いろいろなビデオクリップを流して、マディーバの過去を振り返っています。ほんとに、ほんとうに、素晴らしい人なんですよ。で、自分に正直なんです。いまの奥さんをもうそれは愛されていて、彼女の顔を見るだけでとろけるような笑顔を見せてくれます。

| 吉村峰子→| doracoco さん、 | 2010/02/10 9:17 PM |
黒田さん、

ありがとうございます!サッカーボールが届くのを楽しみにしています。

インビクタス、本当にいい映画でしたね。アカデミー賞の作品賞にノミネートされなかったのは残念でした。
| 吉村峰子→黒田 さん、 | 2010/02/10 9:19 PM |
コメントする










吉村 峰子
writer
English & Japanese
language instructor
interpreter
(Japanese - English)