ホンモノ、美味しいモノ、って? | 空の続きはアフリカ
<< ショウコ、おめでとう | main | 「世界なぜそこに?日本人」に出演します >>
ホンモノ、美味しいモノ、って?

【2012.11.05 Monday 23:24

美味しいものって何だろう、と考え込んでしまいました。


私、過去40年間の自分の体重が物語るように、作ること、食べること、食べさせることが大好きです。


いつだったか見たジュリア•ロバーツ主演の映画で、映画女優を演じる彼女が、


 「年がら年中ダイエット中、だからいつでもお腹がすいているの」


 という台詞を言ったとき、心の底から、


 「ああ、そうなんだ」


と思ったし、日本の雑誌で、松田聖子さんが、とんかつが大好きだけど、年に2回くらいしか食べない、というインタビュー記事を読んだときも、


「わあ、すごい意思だなあ」


とうなだれた思いがあります。


つまり、美しく痩せている人たちは、みなさん人並み以上の努力をされている、ということなのですよね。


こういうことを知ると、よし、私も体重を落とそう!とは思うのですが、いつも24時間もたたないうちに、


「まあ、ちょっとだけいいか,今日もよく働いたし……」


となってしまうのです。


こんなことではいけない!と思いつつも、アフリカにいると周りがすごいので、ついつい甘えてしまうのです。


いいことなのか,悪いことなのか分からないのですが,日本では百貫デブと言われても仕方のない私が,アフリカではまったく普通サイズなのです。


私が体重を落とさねば、とつぶやくと、


「どこを?」


なあんて、かわいらしいことを多くの人が言ってくれるわけです。


でも、日本の小柄な女性の中に入ると、ああ、なんて巨大な私、と反省するのです。


私がアフリカを永住の地に選んだのも、結構、こういったことが頭の奥になかったのか,と言われると、ううん、一挙に否定はできないような……。


さて、情けない体重の話はさておき、今日の本題の美味しいもののことに話を戻しましょう。


こんなことを思ったのも、実はさきほどちょっとのぞいた Facebook で、ある人が、お母様の作ったドーナツがどんなお店のドーナツよりもおいしい、と書かれていたのです。


私たちがエチオピアに住んでいた時、日本人家族の中にちょうど年齢の近い子どもたちが何人かいました。


その子どもたちを可愛がってくださる人たちの中に、結婚したばかりのカップルがいました。


そのお二人がバンコックだったか、シンガポールだったか,出張に出られた際、そのお土産に、先進国のドーナツチェーン店からのドーナツを買ってきてくださったのです。


そのとき、彼らが、満面の笑顔でこう言ったのです。


「みんな!ほんもののドーナツだよ!」


そのとき、私はとっても複雑な気持ちになりました。


「えっ?じゃあ、このいつも食べているエチオピアのドーナッツはほんものじゃないってこと?うううう〜ん?」


この若い二人に何の悪意も他意もないことが明白だっただけに言葉を無くしました。

 

実は、小麦粉を卵とお砂糖で練って、油で揚げる、という形のおやつは、エチオピアでも、マラウィでも、そしてこの南アフリカでもよく見かける定番のおやつであり軽食です。


話はそれますが、南ア•ダーバンのこの辺りでは、その揚げたての甘くないドーナツにポロニーという魚肉ソーセージのようなハムを一枚挟んで、昼食にします。なんとこれ名前までついていて、“ズルー(南アの最大黒人部族の名前)バーガーといいます。これは結構ボリューム満点で、一個食べれば結構な栄養補給となるのでしょう。お値段はサイズにもよりますが,ポロニー付きで約25円くらいです。


さて、エチオピアのドーナッツに話を戻しましょう。エチオピアではこのドーナッツの多くは道ばたのドーナツ屋さんで揚げたてのものが買えました。我が家の子どもたちは、このエチオピアドーナツが大好きで、友達の家に遊びに行くときによくこれをねだりました。


アディスアババの町中で、生ものの買い食いはちょっと衛生面が心配でしたが、高温で揚げたてのドーナツは美味しくて、子どもたちとその素朴な味を楽しみました、


なので、彼らの“本物のドーナッツ”定義に納得することができなかったのです。


美味しいものって、本当に個人的な思いが強いのですよね。


さて、こんなことを書いてきたら、いま、南アで日本のどんな味が恋しいかな、と考えてしまいました。


食い意地の張っている性格ゆえ、アフリカのどんな土地でも、圧力鍋で美味しい日本のお米を炊き、お醤油とお味噌をなんとか調達して、日本の家庭料理を作ってきました。 


ここダーバンでは、種類さえ少ないものの、かなり程度のよいお刺身も入手できるので、食生活に関してはそう不自由はしていません。もちろん,日本のラーメンや美味しい薄切りのお肉などは恋しいのですが……。


でも、ありました!幻の恋しい食べ物が!それも、高校生のときに、つくづく「美味しい」と思っていて、いまではもう食べられないであろう食べ物が。


大昔、私が卒業した高校は東京の西、立川にありました。立川駅に出るためには繁華街を毎日通っていたわけです。そんなにお小遣いがあったわけではないので、そんなに高いものでもないのです。


それは、今は影も形も変わってしまった、以前の高島屋デパートの地下一階にあった、焼きそば屋さんのもやしやきそばです。


そのお店は立ち食い!のお店で、職人さんとしかよべない何人かのおじさんたちが、毎日、毎日、このもやし焼きそばを作っていたのです。


細切れのお肉なんか、ほんの少ししか入っていなかったと思います。でも、たっぷりのもやしと麺、その上にかかっていた茶色の特別なソース。


いまでもあの味が舌に甦ります。世界の美味しいものをいろいろ食べてきましたが、あの焼きそばの味は、かなりのものだった、と自信を持っています。


ああ!食べたい!


でもね、あの場所にあった高島屋さんはもっと奥の方に移転してしまったし、しかも、これ、私の高校時代の話なので、な、なんと、1970年代のお話です!げげげ、ということは、40年近く前のこと?そんな馬鹿な!いつの間に私たちこんな年齢になってしまったんだか……。


今年の暮れ、日本に一時帰国しますが、あの味には巡り会えないでしょうね。


でも、こんな味を思い出したのも,今年に入ってからFacebookでつながった昔の同級生たちのおかげかもしれないですね。みんなありがとう!今年はその何人かに会えると嬉しいな、と思っています。

 

 

author : y-mineko
| 美味しいもののこと | comments(3) |

この記事に関するコメント
初めまして。
いつも興味深く、そして楽しく拝見しています。
今日初めてコメントさせて頂いたのは、一時期立川をホームグラウンドとしていた私として、じっとしていられなかったからです。

残念ながら、峰子さんとはだいぶ時期が違うため、旧高島屋を直接は存じませんが、焼きそばの話はどこかで聞いたことがあり(しかも最近)。
何故かしらとググッてみましたら、どうやらこの春に期間限定で復活販売されたようです。
沢山の「食べた」「懐かしかった」といった感想がヒットしてました。
ただ、写真を見ると、モヤシではなくミートソースがかかったものらしく、峰子さんの思い出の味とは違うかもしれませんが…。

つい身近な話題で、嬉しくなってしまいました。
これからも、ブログ楽しみにさせて頂きます!
| あつこ | 2012/11/13 12:29 AM |
あつこさま、

私も検索してみました!
びっくりしました!やっぱり、あの味を皆さん、覚えていたのね!
でも、ミートソース、と聞いて、あれれ、と自信がなくなりました。

そうだったのかなぁ、といま一生懸命考えています。

貴重な情報、ありがとうございました。
これからも感想などぜひ書き込んでくださいね。
ありがとうございました。
| あつこさま←吉村峰子 | 2012/11/13 4:16 AM |
吉村様

こんにちは!
最近、悲しいニュースが多く気持ちが沈んでいる中
今日はまた東北沖で震度5度があり、
神奈川もかなり長い時間揺れました。
子供たちも、地震警報に怯えていました。

そんな夜20:50、
主人が帰ってきて、炬燵にあたりながら
ぽけ〜っとテレビを見ていたら、
な、な、な、なんと!
吉村さんの次週予告が流れるではありませんか!
テレビに向かって、大声をあげてしまいました。
楽しみにしてます。

あまりに嬉しくて、ついコメントしてしまいました。

| mim | 2012/12/07 8:57 PM |
コメントする










吉村 峰子
writer
English & Japanese
language instructor
interpreter
(Japanese - English)