自分でやるんだね! | 空の続きはアフリカ
<< “大人のケンカ”は、こうしなくっちゃ! | main | ショウコのココロ、ショウコのカラダ >>
自分でやるんだね!

【2012.01.22 Sunday 03:14
 もう後2ヶ月も経たないうちに、夫が亡くなってから2年が経つ。

あっという間だったし、いや、なかなかしんどくも長い2年だったのかもしれない。

最初のショックの後は、“怒り”の感情に支配されていて、いつもなら、怒り、という感情はそう長続きしない私にはしみじみ辛かった。

怒りの感情の後に来たのが何だったのか、いまでも分からない。でも、季節は確実に変わっていった。新しい出会いが新しい仕事や人間関係を広げてくれた。

生前の夫はかなり私を甘やかしてくれていたのだと思う。

家の修理や会社の経理、そういったこまごまとした日常の業務は彼がすべてしてくれていた。

だから私には、修理にお金を払う、という習慣がまったくなかったのだ。

稔は、車から、エアコンから、ドアから、子どもたちのおもちゃから、私のコンパクトの留め金から、何から何まで壊れたものは修理してくれた。

そういう便利な人間が何の前触れもなく、姿を忽然と消してしまう、というのはなんとも残酷なことなのだ。

オートメーションで動くゲートが壊れる。
テレビが動かなくなる。
カラス窓が割れる。
電気の回線のどこかがショートする。
冷蔵庫が壊れる。
椅子の足ががたがたする。
ファックスが壊れる。
スキャナーが壊れる。
エクセルの数式が壊れる。
インターネットのルーターのパスワードが分からない。
パソコンの画面が壊れる。
浄水器のフィルターの代えが見つからない。
バイクのお客さんからの依頼がくる。
新車輸入のライセンスの書き換えの時期がくる。

そして、一番困ったのが、
夜中に足がつったとき、マッサージしてくれる人がいない、ということ。

天を見上げて、

「ちょっとでいいから帰ってきてくれる?」

と何回頼んだことか。

でもね、私は、つくづく、心が頑丈なオンナなのだ。

こういうことを幾百回か繰り返していくうちに、稔がいない毎日が日常となっていったのだ。

人が死ぬということは、人が死んだ、という事実を受け入れる、ということは、生身の姿ではもう目の前に現れない、ということが普通になっていく事なのかもしれない。

それに、私は稔に25年間、守ってもらっていた。これってそうないことなのかもしれない。

私はとっても強いオンナなのだが、稔は私の欠点や長所をよく知っていて、私の不得意分野をがっちりカバーしてくれていたのだ。

そして、稔の死後、息子のカンジはとってもやさしいオトコノコだから、私が大丈夫かどうか、常に常に彼なりに見守ってくれていた。

息子として、夫のいない環境をカバーしてくれていた。

その彼も1月の中旬に自分の新しい居場所を日本に求めて旅たった。

その出発の日が近づいてくるに従って、私にも覚悟ができてきた。

「自分でやるんだよね!」

という覚悟。

そうだ、私は昭和30年代に生まれ。

自分のことは自分でする、という価値観を叩き込まれて成長したはずなのだ。

だから、自分で物事を解決する、自分の手に負えないときは専門家の助けを請う、という手順を受け入れればいいのだ。

お金はかかるよね!

でも、これだけ朝から晩まで人の軽く3倍は働いているのだから、そのくらいの人件費は捻出できないはずがない。

それにこんなこと、当然のことなのだ。一人でがんばっている人なんか、星の数ほどいるんだし!

娘のショウコは、もうすぐ18歳になる多感なお年頃。彼女にとって、自分の専門を持ち、仕事のオファーが次から次から私の元に来るのを大層、カッコいい、と思っているらしい。

が、仕事以外の面では夫が私を甘やかしていたのを知っている彼女も、私のことをかなり心配しているらしい。

彼女は、一人で生きていくオンナ、というのにものすごく憧れているそうだ。

結婚なんかしたくない、とまで言う。

なぜなら、本当の意味でバランスの取れた、仲の良い夫婦、というのをあまり見たことがないからだそう……。

まあ、若い彼女ゆえ、夫婦、というか、パートナーというものは表面的なことだけでは分からない奥深いつながりがあるから、そんなこともゆっくり考えて行ったらいいと思う。

2011年は、仕事があまりにも忙しく、嵐のように過ぎて行った。

2012年はもう少しじっくり、ゆっくり、仕事だけではなくて、自分がこれからどういう風に残りの人生を過ごして行きたいか、ということを考えながら、私生活では、ちょっとアドベンチュラスなモードも楽しんでみようかと、もくろんでいるところ。ふふふ。

人生って、一回きり。

やりたい事は、冒険だったとしても、やって行こう、と思う。

やらない後悔よりも、やった後の反省やら後悔やらのほうが人生は楽しいなぁ。




author : y-mineko
| あんなこと、こんなこと | comments(12) |

この記事に関するコメント
峰子ねえさん、
そうだねえ。峰子ねーさんて経歴すごいし、能力すごいし、与える人だし、でも可愛いんだよね〜。稔さんはそういうとこが大好きで大好きでたまらなかったんだろうねえ。
カンジくんは日本か。いまの日本に切実に必要な人材かもしれない!! 
ショウコちゃん、以前会ったときより少しお姉さんになった(当たり前だな)。いい感じ。彼女ならではの、のびやかで繊細で強い美しい感性で大人になっていってほしい。
今年もよろしくお願いします!!!
| 葉 | 2012/01/22 9:45 AM |
I agree with you!
一度しかない人生だからね。
だから、私も関心をもったらいろいろやっています(笑)

私の夫は稔さんとは真逆で、大工仕事は大工さんがやればいい。水が漏れたら水道屋さんに頼めばいい。修理不能ならば新しくしちゃえ、って感じです。夫は自分の仕事が楽しくて、仕事一筋ですね。でも、それはそれでいいかな、とも思っています。

いろいろ支えてもらっていたみねこさんにとって、生身の稔さんに会えないことは悲しいことですが、みねこさんが生きている限り、心の中にいるよね。
| tomoyo | 2012/01/22 5:37 PM |
葉ちゃん、

ありがとう!
私は可愛いのではなくて、ひとえにドジなのよ!南アのこの辺の英語では、Doosh! まあ、オーソドックスな表現では、Clumsyでしょう!ははは!
カンジの旅たちの様子はね、カフェグローブの最新の記事に書きました。読んでね。

葉ちゃんにもうんと支えてもらっているよね。このごろの私。ありがとうね!
| 葉ちゃん←峰子 | 2012/01/22 5:43 PM |
友ちゃん、

いや!すごいよ、このごろの友ちゃんは!ホノルルマラソンでしょう?青梅マラソンでしょう?すごすぎよ!同級生のくせに!

私も出張続きで休んでいたジムを今年に入って週4日ペースで復活させました。トレイなーにこれでもか、といじめられています。

体が資本だよね。60になっても、70になっても、80になっても前進したいものね。そうしたら、元気でいないとね!
| 友ちゃん←峰子 | 2012/01/22 5:46 PM |
峰子さん!お久しぶりです。お元気そうですね!!!
私は2店舗目の店に苦戦しつつも仲間や周りの人に助けられながら頑張ってます。毎週、峰子さんのブログを読むのを楽しみにして、色んな人にも話させてもらってますよ! 峰子さんの話は私にとってビタミン剤です。今年もお話楽しみにしています。カンジ君やショウコちゃんの様子も聞かせて下さいね。くれぐれもお身体にきをつけて!!!

| 真希 | 2012/01/25 11:33 PM |
真希ちゃん、

ほんと、お久しぶりです。2件目のお店?ウワ〜、がんばってますね!真希ちゃんも本当に開拓精神旺盛ですよね。行け行け〜!応援していますよ!で、南ア再訪はいつ??
| |真希ちゃん←峰子 | 2012/01/26 3:39 AM |
はじめまして!
カフェグローブでいつも拝見していまして、先日のブログに思わずコメントしたくなり、トライしたのですが、コミュニティ登録とかでめんどくさがりやの私にはハードルが高すぎました。(笑)で、こちらのサイトを知ることができてよかったです。
コメントしたかったのは、カンジ君と屋根ふき職人の話。いいお話でした。書き始めると長くなりそうなので止めておきますが、これからもこのお話の続きを楽しみにしています。
| Yoko | 2012/01/26 5:22 PM |
新年のご挨拶もしないままバタバタと月日は過ぎてしまって失礼しました。今年もよろしく、峰子さん。
ところで、カンジくん、もう日本に来てるんですね?
関西の方に?あきに教えておくねー
| みつこ | 2012/01/30 4:30 PM |
はじめまして、ずっと楽しみに読ませていただいてます。
私はダーバンが大好きでいつかダーバンで自分のバーを持ちたいと思ってます。なかなか資金が貯まらずいつになるのか、あせって落ち込むことも多いんですけど、きっとダーバンで暮らす日が来ると信じてます。
先日、年末から一ヶ月ほどそちらに行ってて、ぜひぜひラーメン屋さんに行ってみたかったんですけど残念ながら伺えませんでした。でもダーバンで日本のラーメンが食べられると思うとわくわくします。次回は食べに行きますね!
いつも前向きで人生を思い切り生きてる峰子さんの記事に励まされ、私の知らない南アの魅力を再発見させてもらってます。これからもどうぞお元気で、いろんなことを発信してください☆
| aya | 2012/02/06 8:49 PM |
yoko 様、

コメントありがとうございました。そうなんです、CGのコミュニティ、敷居が高い!ってたくさんの人から叱られています。でも、私にはどうすることもできず・・・。ごめんなさい。かやぶきの仕事、ちらほらと注文が入り始めました!JUSTICEがんばってます!
| yoko 様←峰子 | 2012/02/25 6:25 PM |
みつこさん、

ありがとう!ミツコさんのブログも見せてもらっていますよ。カンジはいま、箕面市で下宿中です。
| みつこ 様←峰子 | 2012/02/25 6:26 PM |
aya 様、

まあ、ダーバンに何回もいらしているんですか?今度はぜひ、連絡してくださいね。0823443490が私の携帯電話です。

| aya様←峰子 | 2012/02/25 6:28 PM |
コメントする










吉村 峰子
writer
English & Japanese
language instructor
interpreter
(Japanese - English)