ブラックベリーでスペインが身近に? | 空の続きはアフリカ
<< 鼻の穴、発見! | main | 『行く年、来る年』〜先のことはわからないから〜 >>
ブラックベリーでスペインが身近に?

【2010.10.18 Monday 03:01
 私は正直言って、デジタル系、IT系の知識に乏しい。

う〜ん、習う機会はあったはずなんだが、「ああ、それは私たちがやるから、こっちの仕事をしてくださいね」という優しい、いや、時間がかかることを見とおされていた周囲によって、甘やかされていたのだ。

で、当然、この頃自分でいろいろしなくちゃいけないことが増えてきた。

と、思いきや、いやいや、助っ人は出てきてくれるのよね。

私のあまりのおたおたぶりに、ノリさんとか、南ア人、日本人の生徒たちが、何やら面倒をみてくれる。

何回か前の空色庵でも書いたとおり、じゃじゃじゃじゃ〜ん!私のブラックベリーちゃんも、ちゃんと日本語を認識するようになりました。

これは、英語の生徒たちをカレーランチでおびき寄せ、いろいろコンピューター上を探してもらって、助けてもらったのだ。

ありがとう〜、皆さん!

さて、今日はそのブラックベリーで起こった、なんとも不思議なことをご報告。

もしかしたら日本ではこのブラックベリー、あまり人気がないのかもしれないのだけれど、南アとか欧米ではIphoneよりも、こちらの方が機種として先行していてとっても人気がある。

おまけに、南アではここにきて価格が、ぐ〜っと下がったこともその人気に拍車がかかっている理由だと思う。現在、一番安価な月極め契約(最低2年間)で、月額2000円。その契約にはBBの本体がついてきて、月額2000円程度の通話ができる。

このブラックベリー、もちろん、デジタル音痴の私ですからね、そんなに機能を万全に使いこなしているとは思わない。それでも、そんな私が一番重宝しているのは、ブラックベリーユーザー同士なら無料のブラックベリーメッセンジャー。

これは、ユーザー同士が、それぞれのハンドセットに登録されている、PIN番号というものを登録しあうとその番号同士のメッセージのやり取りは無料になるというもの。お互いを知っているからPIN番号を教え合うわけだから、安全だし、経費削減もできる。

ところが、ある日、まったく覚えのない番号から、「私を登録してね」のメッセージが入った。

「私のPIN番号を知らないと起こるはずのないことだから」と、あまり深く考えずに、「OK!」とさっさと登録した間抜けな私。

すると、その登録された番号の持ち主は、『Ioana』という名前の人だった。

えっ、これ,誰?

と一挙に広がる不安。

恐る恐る、その人に「あなたはだあれ?」とメッセージを送ってみた。

すると、即、帰ってきたのが、「ええ?あなたは誰なの?」という返事。

う〜ん、おかしい。

二人で「おかしい」、「おかしい」とメッセージをやり取りしながら分かったのは、このIoana さん、スペイン在住の19歳!の女子学生だった。

彼女も私が52歳の南ア在住の日本人、ということが分かると、「かっこいい!」って。

で、二人でお互いの家族のこととか。何をしているか、などなどしばし、楽しい時間を過ごした。

その後、彼女は即、「Are you on Facebook?」と聞いてきたので、「あまりアクティブではありませんが、はい、Facebook にも登録してますよ」と言うがいなや、もう彼女は私を彼女の友達として登録してくれたのだ。

私もせっかくなので、彼女のページに行ってみると、おお、とっても19歳とは思えないくらい大人っぽい、スペイン美女が!

う〜ん、日本ではネット上で、本名などを明かすことをとっても避ける傾向があるようだが、現在、英語圏で、特にこの Facebook はほとんど本名でいろいろなことが書きこまれている。写真だって、日本のように、顔をぼかしたり、隠したり、なんていうことはほとんどない。少なくても、私の周りで Facebook をしている人はそういうことをしていない。

これって、どこがどう違うんだろう。

日本だけがネット上のマナーが極端に悪い、ということも考えにくいのだけれど、本当に不思議だ。

私は文章を書いてお金をいただく仕事もさせていただいているから、自分の文章は常に本名、写真も隠さずに使ってきた。自分の書いたものを、本名を付けて出せないものは、私はどこにも公表しようとは思わない。

これは、私が常に目標にしている、自分の言うこと、書くことと自分の行動を少しでも近づけたい、という信念にも沿っていることなんだと思う。

そんなことを考えながら、それでも、こうやって思いもがけず、自分の子どものような年齢のスペインの女性とこんな不思議なきっかけでお友達になるなんて、なんていい時代に生まれてきたんだろう、とつくづくおばあさんのようなことを思って、にこにこしている。 

author : y-mineko
| あんなこと、こんなこと | comments(3) |

この記事に関するコメント
 再び楽しく読ませてもらっています。
 FACEBOOKって本当に便利ですよね。 私も最近サマーキャンプで一ケ月ほど海外に滞在した後なので、急に使用が増えました。パソコンの詳しいことは私もよくわかりませんが・・・。 海外では子どもまでが年齢を多少ごまかしてFACEABOOKを使っていたりするので驚きです。 でも、瞬時にみんなの様子がわかるので楽しいです。エアメールで封筒にアドレス書いて、切手買って、郵便局に出しに行って・・・・・というプロセスは、信じられないくらい時間がかかっちゃうんですよね(;一_一)
 ひとつご注意を。 この間、FACEBOOKのチャットをしていたら、偽物現る!でした。途中からなんかおかしいなーーと思っていたのですが、お金を振り込んでくれ・・・と来た時に確信です。 びっくりしました。。パソコンに詳しい悪い人たちは、自由に他人になりすますことができるんだ・・・・。 便利で楽しく、注意が必要なアイテムですね。
| MAYU | 2010/10/18 11:54 PM |
峰子さん、私も同じ携帯だよん。
携帯のほうが私より賢いけどね!
そのうち使いこなすぞ!
| 愛 | 2010/10/20 4:39 PM |
スペインの19歳の美女とあっというまに姉妹関係を結んでしまうなんて、さっすが峰子姉さんだね☆ 彼女はなんで「登録して」って言ってきたんだろう。ふたりで「??」「??」ってやりとりしてたところがすっごくおかしカワイイ!! NYやDCの弁護士はたいてい、事務所の経費でBB持ってます。西海岸の弁護士はiPhoneなのカナ?? わたしは年末にiPhone買いますのん。
| 葉 | 2010/10/24 3:27 PM |
コメントする










吉村 峰子
writer
English & Japanese
language instructor
interpreter
(Japanese - English)