チャンスは何回でも! | 空の続きはアフリカ
<< ユミコチャン、元気にしてますか? | main | まだもう少し待っててね >>
チャンスは何回でも!

【2010.02.28 Sunday 17:52
人にあげられるものがあるといい。
いつでも、どこでも、無尽蔵に、笑顔で、それがあるといい。

実は、私は、この年になっても、考えるより行動している方が速いから、これまでどれだけ失敗もしてきただろう。

「ぎゃあ〜〜〜!」と叫んで、寝込みたくなるくらい恥ずかしい失敗もしてきた。

「私、後悔はしないんです」

という生き方は爽やかだなぁ、と思う。

でも、私は、結構、

「うわ〜、またこんなことになってしまった。ああ、あんなお節介をしなければよかったかな」
「ごめん、失言でした……」
「いや、早とちりでしたなぁ」
「ほおお、そういう考え方もあったのね」
「へええ、そういう理由だったのか」

などという反省、後悔の嵐に襲われることがしばしばある。

でもね、いいんだと思う。
そういうこともあるよね、と思って前進することにしている。
根が単純だから、そう思うことで夜よく寝て、明日を迎えることができる。

ある知り合いがいた。
私は彼女と親しいと思っていたし、彼女も私に英語のことなどを頼ってくれて、仲のよい友人だと思っていた。

でも、彼女が我が家に滞在していたとき、私のある一言が彼女を怒らせてしまった。

私はただただ単純に、ある果物を買う時に、彼女が高い単価のものを選んでしまったので、
「ああ、こっちの方を買えばよかったね」と言ったのだ。同じ品質で、パッケージだけが違うものだったから。

で、ケチな私は、レジで精算をする時も、もう一回同じことを言ったのだ。

それが彼女を怒らせた。

彼女にしてみれば、「南アの事情に詳しくないんだから、分からない。二回も人の失敗を口にすることはない」ということなんだと思う。

本当にそうだな、と反省した。

でも、私は、“お母さん”だ。

子どもたちにも、無駄なお金の使い方は厳しくいさめてきた。
でも、必要なもの、どうしても欲しいものにはお金を使うことに躊躇はしない。

レストランに行って、人の分までつい、「払わなくっちゃ」と思ってしまうのは、私が三人姉妹の一番上だからなのかもしれない。

それに、学生時代やお金があまりなかった時代、どんなに多くの人が私にご飯をご馳走してくれただろう。家に招いて、食事を食べさせてくれただろう。

海を越えても、時間を超えても、私はあの人たちへのご恩を忘れたことがない。

だから、年の若い人たち、アフリカでバックパックをしている人たちを見かけるたびに、私は彼らを家に連れてきて、“日本食ごかし”のものをふるまってきた。

アフリカの旅は厳しいもの。たまには日本食を食べたくなるもの。だからね、こういうお節介おばさんの出番があるのだ。

だから、友人に対して、二回も余計な口をきいたのは、ひたすら、

「ああ、もったいなかったね」ということだったのだ。

でも、彼女はそれがどうしても許せなかったらしい。

彼女は日本に帰り、それ以来、ぴったり音沙汰を聞くことがなくなってしまった。

さみしいなぁ、と思う。彼女はちょっと特殊な感覚を持つ人で、よくよく彼女を知らない人は彼女のことを理解できないかもしれない。彼女と私が親しい、と知った別の人が、彼女のことを「変わった人なのに……」とつぶやいたことも聞いた。

でも、私は彼女のことが好きだったし、もう一人の友人と同じ時期に過ごした街の話しや昔話を顎が外れるくらい笑いながらするのが大好きだった。

これを書くのに2年もかかってしまった。
2年も私はこのことを心の隅で後悔していたのかもしれない。

私は気が長いし、人との関係を簡単にあきらめたり、清算したりしない。でも、もしかした彼女は私の違うもっと深いところに何か嫌なことがあったのかもしれない。

だからこそ、彼女にぜひ、伝えたいことがあったのだ。

「一回の失敗で見捨てないでよ」

彼女とのことをずっと二年間も長く考えてきて、私は一昨日、結論に達したのだ。

「ねえ、一回や二回の人の失敗で、その人を判断するのは残念じゃない?」

ということ。

私はこれを自分の教訓ともしたい。

私も、「う〜ん」と唸るような場面に出会う時だってある。でも、その時、その背景は何なのか、と考える。

そうすると、大体の場合は、その人のその人側の理由があるのだ。そして、ここからが難しいのだけれど、それがその人の勘違いのときだってある。

だから、私は、「チャンスは何回でも!」と思う。

どんなに、がっかりしても、「残念!」と思ったとしても、その人が、「もう一回いいですか?」と言ってくれたら、「もちろん!」という態度で応えたいと思う。

これが私の、誰にでも、いつでも、あげられるもの。



author : y-mineko
| この人のこと、あの人のこと | comments(12) |

この記事に関するコメント
「人にあげられるもの」というテーマ、最近ボランティアについて触れる機会があったので全く私が張っていたアンテナと、峰子さんのこの記事が触れ合いました!

ボランティアは余裕があればできること、
余裕がなければボランティアはやっちゃいけない
っかなー・・

ていうテーマを考えていたのですが、チャンスを何回でもあげられる峰子さんは、これぞ余裕があるってことだなって思いました。自分に余裕がなければ(いろんな意味で、例えば、経済的、心情的)、やはり他の人に何かを与えることは難しいような気がします。

もちろん、余裕がない、と自分が感じて何かに焦っている状態でも、他人へほんの少しのなにか、例えば峰子さんの言うチャンスを与えることで、何かがひらめいて、余裕がないと思っているのは自分だけだったのかも、自分が余裕がないと思っているだけなのかも・・ということもあるとも思いますが。

うーん・・・まとまりがなくてすみません。
ひらめきでコメントしてしまいました。

カフェグローブの記事も毎回興味深く読んでいるひとりのファンでございます。
| mitchy | 2010/02/28 8:32 PM |
mitchys さん、

ボランティアって、何なのでしょうね。実は、私のエイズ患者さんにしていることを、「ボランティア」と言われると、やや居心地の悪い気持ちになります。

お金をもらっていないし、かなり自分や私を支援してくれる人からの資金に頼って活動をしているので、まあ、一般的な意味からいえば、「ボランティア」なんでしょうね。

でも、私にとっては、これは「自分のすべきことをさせていただいている」、の方がぴったりきます。

そして、これは、「余裕があるからするもの」ではないですね。私にとって、「ボランティア」とは、コミットメントであり、続けるものです。一時的に中断することもあるでしょう。でも、続けることが大切だと思います。

自分の時間や気持ちに余裕のあるときだけにする、のではあまりにも傲慢のような気がしてしまいます。

| 吉村峰子→mitchyさん | 2010/03/01 3:07 PM |
チャンスを何回でもあげられるってとてもすてきなことです。きっと彼女もいつか分かるのではないかしら? だって峰子さんのようなかたをお友達リストから失うのはとてももったいないことだと思うから。
なぜこんなふうに思うのかというと、若い頃、私もどちらかというとこの彼女のようなタイプだったので、多くの大切な人を当時はそうと気づかずに失ったように思うからです。相手の本意を汲まずに勝手に解釈して決め付けてしまうのってすごく傲慢だったな、と今は思います。
今のパートナーの影響もすごく大きいです。彼も峰子さんのようなタイプなので。そうじゃなかったらとっくに呆れられていたかも(^^:)
余計なお世話かもしれませんがもしかしたら峰子さんからのEメールが届いていないなんてこともあるかもしれません。海外からだとなぜか送信したはずなのに届いていないこと、時々あるので。
| NAMI | 2010/03/03 8:56 PM |
仲直り、できるとよいですね…!!!
| ぶー姉 | 2010/03/03 10:17 PM |
|NAMI さん、

ありがとうございます。私はぼんやりのとろこがあるので、きっと、知らず知らずのうちに、人を不愉快にさせることもあると思うんですよ。

自分の傾向と同じ人間とばかりお付き合いしているのも、ちょっとね、残念じゃないですか。違いのある人との出会いもね、私には楽しいのです。



| 吉村峰子→|NAMI さん | 2010/03/04 1:59 AM |
プ―姉 さん

ふふふ。私は気が長いですから。きっといつかね!
| 吉村峰子→プ―姉 さん | 2010/03/04 2:01 AM |
mineko -sama

空色庵、好きです。なのでヴィジット。私の真逆の経験は以下です。

1)嫌なことしてくるヒトでもサラッと避け切れない。情が深めで..

2)力になって挙げたいが為に何でも寛容に受け入れ、助力し
彼女の善意を信じる。

3)自分への彼女からの小さな被害が積み重なるが耐える。

4) 大きな痛みと葛藤を得る

5)カルマのセオリーを思い出して、これ以上彼女にハーム
させないように自分から去る。

ヒトの心の中って宇宙ですから、簡単には括れない感情がある。

峰子さんに見て欲しいヴィデオがあり、下記よろししければご査収ください。
http://www.youtube.com/watch?v=jqxENMKaeCU
| boston | 2010/03/04 7:20 PM |
カフェグローブと合わせていつも楽しみにしております。

私も10ウン年前に友人を怒らせ、それっきり疎遠になってしまったことがあります。
が、つい最近、連絡があったんです!びっくりしました。
プライドの高い人だったので、もう復縁はないだろうと決めつけていたのです。
人生って面白いなぁ、と思いました。
| puppy | 2010/03/05 6:22 AM |
BOSTON さん、

「ヒトの心の中って宇宙」という言葉、とっても重く受け取りました。そうですよね。

人との関係は、本人同士にしか分からないこともありますよね。じっくり行きます。

空色庵へのご贔屓!感謝します。
| 吉村峰子→BOSTONさん | 2010/03/05 2:32 PM |
puppy さん、

そうですよね。じっくり待つつもりなんですよ。puppy さんのようなことが起こるといいなぁ。

書き手にとって、こういった「読んでいます」というお言葉はとっても励みになります!ありがとうございます。これからもよろしく!
| 吉村峰子→puppy さん | 2010/03/05 2:37 PM |
こんにちは。カフェグローブも時々拝見しています。素敵な話をありがとうございます。いろんなブログがありますが、吉村さんのことばはあったかくて、読むとほっとします。素直に自分の気持ちを話すことができるこころの自由さとか、おおらかさ、強さ、人を信じてる人なんだなぁ、と感じてほっとするんだと思います。

今日は東京は最高気温7度、冷たい雨がずっと降り続けています。だけどあったかいお話で冷たい雨がぬるくなった気がします!桜のつぼみもこの雨があがったらいっせいに咲きそう、もう枝先は全部ピンク色に準備万端なんです。
| たかろー | 2010/03/25 10:43 AM |
 アフリカの春はいかがでしょうか? ・・・っというか南アフリカの気候は季節はいまいちわかっていませんが(笑)

 お友達に関する記事はとても興味深く読みました。人の言葉って、発した側が意識していないほど強く、受けた側に届く時があるのかもわかりませんね。

 私も少し前に、結婚して住む場所も変わり、名前も変わり、仕事もリセットし、親兄弟も親しい人とも離れてしまいました。たった1人、学生時代からの親友が近くに住んでいたので、彼女が親切にしてくれるかな・・・・?なんて勝手に期待していた部分もあったのかもわかりません。

 そんな時、仕事を中心としていた彼女から何気なく“あなたのようなライフスタイルは私なら絶対に嫌で選びたくない。”と言われ、慣れない生活の上に全否定されたような気持ちでずいぶん落ち込みました。お互いが変わっても、いろんな生き方を認めてほしかったからです。

 要するに、きっとタイミングなんでしょうね。自分が元気な時は、何も思わないかもしれない言葉も、もしくは知らず知らず人にも言ってしまっていたかもしれない言葉も、弱っているときはぐさっと突き刺さる・・・。 もしかしたら、吉村さんのお友達も小さな負の積み重ねがあって、ちょっとしたことがきっかけで爆発してしまったのかもしれませんね。

 近くに住みながらも、私は少し身構えてしまって以前のように友だちに会いたいとは今は思えません。状況はまったく違っていますが、吉村さんのお友達も遠く離れて、きっかけがなかなか見つからないのかもわかりませんね。

 吉村さんがすごいなーーと思ったのは、2年たってもお友達にラブコールを送り続けていることです。人間愛を感じます!私にはできそうもありません(笑)

 素朴な疑問ですが、友だちって環境が変わると残念ながら年々変わってしまうのでしょうか? どこかに共通点がないと、新しく知りあう人たちとも親しくなれないのかなあ・・・なんてことを考えている今日この頃です。

 長々とすみません。ちなみに、私がもし南アフリカに住んでいたら、まずなじんでいる人の真似から始めたいので吉村さんのような方がいたら貴重だなあと思います。
 

 
| mayu | 2010/04/13 1:53 PM |
コメントする










吉村 峰子
writer
English & Japanese
language instructor
interpreter
(Japanese - English)