空の続きはアフリカ
"It's not made in China" is not a joke

【2019.08.27 Tuesday 21:20

Prejudice or racism can come at you in some least expected forms. It is particularly true for someone living in South Africa as a Japanese person.

 

 “Where are you from?  Oh, cool, you are from Japan.  Japan is great although other Asian countries have a long way to go.”

“Love your culture.  It is so globally unique and wonderful.”

“Japanese cars are my favourite, but I wouldn’t buy any cars from other Asian countries.”

 

Do you not find these comments as prejudice against me?

 

It is great to be appreciated.

 

I have lived in different parts of Africa since the 1980’s.  I literally witnessed how hard many Japanese people tried to market Japanese products in Africa.  It wasn’t all that easy.  For many Africans, Japanese products were still very foreign in the 80s and 90s.  Getting recognition about Japanese products or culture sure is great.

 

But this does not mean that I am happy to get the credit at the expense of other Asian nations.  Those criticisms may not even have any realistic or factual grounds.

 

On top of that, many who adorn those “innocent” criticisms may not be aware of their own arrogance in saying so.

 

Whether they are conscious or not, I sense a superiority complex in their statements that say, "Japan is doing its best and keeping up with our standards."  This clearly places themselves above the “Japanese”.  Or is it clearer to put it this way: “Since Japan tried so hard, we can let Japan join our group, but the other Asian countries are not yet on par with our standards.”

 

This was once illustrated in the utterly insulting and disgraceful act of the Apartheid Government to have given Japanese residents the “Honorary Whites” title.   Japanese people were given that title purely because it was expected that it would give the Apartheid government some economic benefits.  This Honorary Whites title meant that they were announcing that the Japanese were just below the White South African status within the social and racial hierarchy.    

 

Now please look at the photos below.

 

(https://www.itsnotmadeinchina.co.za/gallery/0w9a3218-lr-jpg)

 

These are glass bottles of water produced in South Africa that use local artists’ illustrations on the front.

 

However, can you read the writing which brands their bottle?

 

“It’s not made in China”

 

I first saw these at a charity shop that I frequented to purchase local artists’ pieces.  For a long time I made sure my overseas guests first spent their money in this shop.

 

The shock I felt when I first saw these bottles still shakes me.

 

I was utterly disgusted to see how a brand name like this can be brought out to promote products in the market.  Didn’t they have any sensible member at their company to realise that this can be offensive?  And the shops who would stock this as acceptable merchandise to place on the shelves? 

 

In my view, this is a HATE speech, targeting a country.

 

Just imagine.

 

You are traveling to a foreign country and enjoying shopping.  Then you see a product and its brand is, “It’s not made in South Africa.”

 

I am offended because it is not acceptable to ridicule one country to promote a product.

 

And at this stage it is important to clearly separate some issues:  I am not talking about support of China or its foreign policies.  I am talking about the unfair activity of a company that uses a sneer to promote their own product.  What they are demonstrating is a lack of sensitivity toward human right issues.

 

I find the argument, “that since China currently has got such tremendous economic power, it is acceptable for it to be the target of some sarcasm,” deplorable.

 

Of course, in private thoughts and conversations, people are free to criticise whatever.  You can even write about it on whatever platforms you choose.  As a writer, freedom of expression is very important to me too.

 

My argument is that once it is used in promotion of a business product, it is entirely different.

 

Prejudice or racism towards ANYONE or any country or area/region must not be allowed.  This cannot be expressed strongly enough.  That’s right, China is a superpower.  But using “It’s not made in China” as a brand name is not right.

 

I did read the message of this company for using this brand.  The reason for the naming is that they wanted to promote their products differently from other big-name brands.  They wanted to stand out by saying this amongst so many products from China is not made in China.

 

They also say that they wish for people to take this as a joke.

 

When I complained to this Charity Shop, they gave me some reasons why they support the products.

 

“This is a good local company which supports the local artists.”

“We promote arts.  Freedom of expression is important to us.”

 

I was shocked to see this charity shop’s Facebook page, promoting this “It’s not made in China.” So, I made a negative comment, then I got some replies below.

 

“People lost their sense of humour.”

“China is doing some terrible things to our animals.  Chinese kill our Rhinos.”

 

I lost my words. 

My words were lost on them. 

 

Then realized that I needed to write my argument clearly.  The reason?  I think out of all the countries in the world, we live in South Africa.  I think we know how crucial it is not to allow any prejudice or racism.  What I fear is our tendency to get used to the uncomfortableness of prejudice that eventually leads us to bigger or more harmful prejudices or racism.

 

This is not humour.  China does exist.  By naming and ridiculing China for the sake of promoting a product at a cost of One Billion people?  Not justified. 

 

Of course, there may be some Chinese people who do not agree with me.  The company did mention they have received messages from Chinese who think it is cool. 

 

But as a company, if they did not mean to ridicule China by using the brand at the beginning, and their prejudice was pointed out, wouldn’t they have the social responsibility to consider dropping the brand?  

 

Freedom of speech.  Yes, we should protect our Freedom of Speech by all means, however this does not give anyone any right to say whatever they want to say.

 

Finally, “China kills our Rhinos.”  This falls under a category of argument, so called, “Whataboutism,” as in, “What about China killing our Rhinos?” But we are not talking about the Rhino poaching now. Mixing up issues like this confuses the original arguments and they are not to be compared. 

 

To close, allow me to share some comments from my Chinese friends.

 

“Sad.”

“That is racism.”

“But we get these kinds of criticisms all the time.  That’s just one of them.  Ungrounded and unfair.”

Lastly, a bit long, but my American friend of Chinese heritage gave me this comment:

 

Sounds harmless. All lives matter. That one sounded pretty good, too. Maybe it’s a joke. Maybe it isn’t. Maybe there was malice behind it. Many years ago, slanted eyes was just a joke. Or maybe it wasn’t. Chinese characters on TV had an overbite twice the size of Freddy Mercury’s. Just a joke, right?  I hope we can educate the world a little better. It may never be perfect, but one step at a time, let’s tell them that jokes at the expense of a billion people aren’t really all that funny. Jokes at the expense of even fewer people are worse.
 

I have been happily living in South Africa since 2003 as an East Asian immigrant.  I feel it is my duty, as a result of my love for South Africa, to publish my thoughts on this issue.

 

We are better than this.

 

 

author : y-mineko
| English | comments(2) |

It's not made in China は差別です

【2019.08.25 Sunday 19:55

日本人としてアフリカに住んでいる私が実際に体験する “人種差別” は、結構複雑な角度からやってくることがあります。

 

「あなたどこの出身?ああ、日本。日本は素晴らしいわね。他のアジアの国はまだまだだけど」
「日本の文化は本当に世界に通用する素晴らしいもの」
「日本の車はみんないいけど、他のアジアの国はちょっと買おうと思わない」

 

これらがどうして “人種差別” なのだろうか、と思いますか。

 

日本を評価されるのは嬉しいことです。

 

私は1980年代からアフリカ大陸の様々な都市に暮らしています。その頃、日本の商社や政府関係者の方々がどれだけの努力を注いで、日本の製品をアフリカ人に受け入れてもらう努力をしていたのを実際に自分の目で見てきているのです。

 

そういった意味では、日本の製品が高くされるのは大変嬉しいことです。

 

だからと言って、日本を評価するのに、他のアジアの国々と比べてその国々に対してひどい評価をする、というのはどうなんでしょうか。まして、その“評価”が風評に基づいていたり、客観的でない場合は、どうでしょう。

 

そして、問題は、そういったことを言う人たちは、その発言の中に含まれる、自分たちの傲慢さにはまったく気がついていない場合がほとんどだということです。

 

意識していようがいまいが、こういった発言には、「日本はがんばって、自分たちの基準に追いついている」、という自分たちを最上階に置く姿勢があるのではないか、と思うのです。

 

「日本はがんばったから自分たちの仲間に入れてやる、でも、他のアジアの国々はまだね」とでも解釈したら分かりやすいでしょうか。

 

これはアパルトヘイト下の南アフリカで、日本人が “名誉白人”という称号をもらっていた“不名誉” にも共通します。これはまさに、「自分たち白人が一番偉いけど、あなたたちは経済的に私たちに恩恵をもたらしてくれるから、私たちの次に偉い階級を与えましょう」という極めて上から目線の差別的政策でした。

 

さて、この写真をご覧ください。

 

写真クレジット (https://www.itsnotmadeinchina.co.za/gallery/0w9a3218-lr-jpg) 

 

南アフリカ・ダーバンで製造されている飲料水で、ローカルな芸術家のデザインをいくつも採用していて、アイディア自体は優れていると思います。

 

商品名に注意してください。

 

“It’s not made in China”

 

そのまま翻訳すると、

 

「これは中国で製造されていません」です。

 

私がこの商品を最初に目にしたのは、いつも友人が日本から来た時などに連れて行っていたチャリティショップでした。

 

初めてこの商品を見た時のショックは今でも記憶に鮮明です。

 

これが商品名として企画され、企画会議に通り、販売網に乗ってしまう。そして、こういった差別的な商品名を有する商品を仕入れ、店頭に並べても何の疑問もいただかない店がある、という衝撃です。しかもこの南アフリカで。

 

想像してみてください。

 

皆さんが外国を訪問して、ショッピングに行き、ある商品に、「これは日本で製造されたものではありません」という名前がついていたとしたら。

 

私が憤る理由はそれだけではありません。ある特定の地域や国をあげて揶揄する、という行為は許すべきではないと思うからです。

 

私が中国の政治姿勢を支持するとか、中国のことを弁護するとか、そういう話ではなくて、ある特定の地域や国名をあげて、それを皮肉る、と言う行為が人権意識から外れている、と思うからです。

 

また、中国が経済的に成功しているから、こういった批判めいたものを受けても仕方がないのでは、という意見も不思議です。

差別は、それがどんなに大きく強力な相手でも、「してはいけないこと」という意識が大切なのではないですか。中国の威力があるから中傷をしてもいい、というのはただのやっかみにしか聞こえません。

 

この会社のHPを見る限りでは、企画理由は「他の会社と違うことで商品を営業したかったから」としています。南アには溢れるほどの中国製の商品があるから、それを否定することで目立ちたかった、というのです。

 

また、これをユーモアと受け取って欲しい、ということも言われました。

 

この商品を販売しているチャリティのお店からは、以下の理由を提示されました。

 

「この会社は良心的な企業で、南ア人アーティストたちの育成に貢献している」
「私たちは芸術を支援する団体でもあり、表現の自由を尊重したい」

 

また、このチャリティのお店のFacebookでこの商品のことを批判するコメントを書いたところ、たくさんの南ア人からのコメントに驚かされました。

 

「ユーモアのセンスがない」
「そんなこと言うなら、中国はもっとひどいことをしているじゃない。私たちのサイを殺しているのも中国人だし」

 

こういうコメントをもらって一体どこからどうやって反論していったらいいのだろう、と頭を抱えてしまいました。

 

私がこの記事を書く理由は、“差別”というのはどんな小さいことでも許したらいけない、と思うからです。小さなことだから、ユーモアなんだから、と許していると、私たちは差別していることに慣れてしまい、さらに大きな差別を許す社会に自分たちを先導してしまうからです。

 

これは、ユーモアではありません。中国は現存する一つの国なのです。その国名をあげて揶揄する、ということは、中国出身の10億人の人々の感情を犠牲にしている可能性がある、ということです。

 

もちろん、中国の方の中にはそう思わない方もいらっしゃるでしょう。このブランドを容認している中国人の方もいるようです。でも、10億人の中国人の中の一握りの方でも、これを不快に思うのであれば、私たちは耳を傾けないといけないと思うのです。

 

また、会社として、いくら他でいいことをしていたとしても、例え差別を意図していなかったとしても、「差別だ」という指摘があってもそれを改めないのは、責任ある企業のする行動でしょうか。

 

表現の自由を脅かす、という危惧については、逆に、表現の自由とは何を言ってもいい、ということではありません。

 

そして、中国だから、「サイなどの動物を乱獲しているから、このくらい言われても仕方ない」という客観性のない理由で中国を攻撃でするのも不可解です。

 

この問題は、中国が他で何をしているかが問題ではありません。これを英語でWhataboutism(吉村訳:こっちはどうなんだ説)といい、ある議論に別の要素を持ってきて、根本の議論を崩してしまう論法を指します。

 

私の中国人の友人にこれに関しての感想を寄せてもらいました。

 

「悲しい」
「差別がある」
「でも、こういうことは中国出身というだけでよく起こる理不尽なことのひとつに過ぎない」

 

最後に長めですが、もう一人の中国人の友人のコメントを紹介しましょう。

「昔は、吊り上がった目、というのはジョークだった。テレビにでてくる中国人はフレディ・マーキュリーの二倍はありそうな出っ歯がトレードマークだった。これだってジョーク?世界をもうちょっとよく教育したいなぁ。もちろん完璧な世の中はない。でも、一歩づつ一歩づつ。10億の人間を傷つけるジョークって、全然おもしろくないってこの会社に言ってやってくれ。それよりも少ない人間を傷つけるジョークはもっと最悪だって」

 

これらの中国人の意見を聞いたあとでも、”It’s not made in China” を「差別ではない」と思いますか。

 

差別はどこからか忍び寄ります。
自分が知らずに差別をしていることもあります。

 

が、これだけ様々なメディアを通して、会ったこともない人の意見を聞くことができるようになった今、「それは差別だ」という指摘を受けたとしたら、これまでの自分の行動を振り返ってみることが大切なのではないでしょうか。

 

私は自分の意志で、アフリカに住む日本人です。

そして、私は自分をアフリカに住むアジア人、と考える方がしっくりと来るのです。

 

アフリカに住んで、アフリカを応援したいからこそ、アジア人に向けたこういった“差別”にきちんと声をあげて抗議していくことも私の役割だと思っています。

author : y-mineko
| あんなこと、こんなこと | comments(0) |

人々が作る建築家いらずの家

【2018.05.16 Wednesday 22:06


「建築家になっても、僕はお金もちだけの家なんか作りたくない」


と、散々、言い続けた息子・カンジが、ようやく地元の大学の建築学部の修士課程を修了しました。

 

南アフリカの大学の建築学部は、日本のそれとはちょっと趣が違うのかもしれません。こちらの資格は、どちらかと言うと、建築デザインの分野になるのでしょう。

 

“ようやく”というのは、ここまでの道のりが長かったのです。

 

まず、最初の学士まで4年、その後日本でのインターンが2年、南アに帰国して、一年間地元の建築事務所で勤め、古巣の大学に戻って、修士までさらに3年。合計年数は計算したくない気持ちです。南アで“建築士”の国家試験を受ける資格は、さらにこれから2年を南アフリカの建築家の元で働く必要があります。でも、修士を終了したことでできることもたくさん出てきました。

 

さて、お金持ちの家は作りたくないカンジは、建築家として、何を目指すのでしょう。

 

私は彼からその修士の論文やそのプロジェクトを最初に聞かされた時、大げさではなく、“命のつながり”を感じました。

 

彼のテーマは、Bamboo、竹です。竹は、再生可能なエネルギーとして今世界から注目を浴びている植物です。

 

 

実は、アフリカで“竹”というと、在来種の植物ではない、地下からの水分を汲み上げる、などという否定的なイメージが先行してあまり人気のある植物ではありません。でも、実際の竹は、地面に根を浅く広く張るため、地下水資源を枯らす危険性がありません。現在南アフリカは水不足が多くの場所で起こっており、外来植物にはとても敏感で、その評価があまり正確でない場合があるのが残念です。


竹は、現在、全世界で1400種が確認されています、これらは小さな茂みから20メートル級の巨大なものまで含みます。竹の最大の特性は芽が出て5年目から毎年収穫できる事です。南アで存在する巨大竹は建築資材としてはかなり優秀な可能性を秘めているそうです。


カンジの修士論文の課題は、アフリカの都市部ではない地域に住む人々のために、竹をどう建材として使うか、またそれを生かした全体的な仕組みをどう構築するかというものでした。

 

具体的には、人間が住まう過程で出てくる生活排水を竹に吸収させ、その竹を保存加工できる施設を既存の住宅に取り付ける、という仕組みだったり、その竹を使い建造物を毎年拡大する、という可能性が挙げられていました。

 

日本にルーツを持つカンジには、アフリカでそのまま育った人たちよりも、“竹”が身近な存在であったことは確かです。日本における竹の歴史的な影響もあるでしょう。彼の論文には、それこそ竹の活用方法を千利休まで遡り説明していました。

 

日本人二人を両親として、西アフリカ・リベリアで生まれ、彼はほとんどの教育をアフリカ諸国で受けました。日本の文化を自分の人生に積極的に取り入て行こう、という姿勢はいつの頃から顕著になったかと言うと、やはり21歳で父親を不慮の事故で亡くしてからかもしれません。

 

私は夫と一緒に、アフリカでたくさんの人々に会い、たくさんの経験をして、自分たち夫婦がこれからのアフリカの発展に少しでも寄与するのであれば、自分たちが事業主となり、一つでも二つでも雇用を増やすことだ、という考えを持って南アフリカに移住しました。

 

夫は2010年に、志途中で急逝したのですが、幸いにも私には語学教育や通訳という、日本人が少ないからこそ活躍できる仕事があったため、事業はそのまま続行させることができています。

 

さて、カンジが竹で何をしたいのか。

 

彼は、協力してくれるコミュニティを探して、その土地で竹を栽培し、収穫し、加工し、建築資材として市場に送り出し、それらを住民自分たちがサンプルを目で見ながら建築できるような一連の流れを創造したいようです。

 

荒れた荒野を緑地化し、皆の頭上に屋根を設ける、というのが彼の夢です。

 

そして、彼はそれを“Living School”と呼び、まだまだ住宅事情が需要に追いついていない内陸の村落や、都市にばらばらと出来ている違法な家屋群に何とかこの‶竹”の一連の利用方法を普及させようといろいろな方面から模索している最中です。
彼が説明してくれた中で、非常に心に響くものがありました。

 

「僕は誰もが簡単に作れる建築を目指しているんだ。竹を使うと、構造体とデテールがわかりやすく、最終的に出来上がった“家”は、誰がどう見ても、簡単で優しくて、みんなが“これだったら自分たちでも作れるな”と思ってくれるモノにするのが目的なんだ」
つまり、「みんなが真似て作れる建築家いらずの家」を作りたいのだそうです。

 

「お金のない人たちはそれぞれの生活で手一杯なので、地球温暖化や汚染問題など配慮するのが難しい。そこで、竹のシステムを生活に導入することにより汚染された水は資源に変わり、今まで移動しなければならなかった建材が家裏で採取できるようになる。もし他者が自分も竹を育てて家を建てたいという状況が生まれると、このシステムは勝手に幅広い地域を歩き渡り緑地化しながら皆の屋根を作っていく」

 

アフリカ郊外では、お金が一遍には用意できないために、屋根を作り、この部屋をひとつ作って、キッチンはその後で、というようにかなり最初の設計図なしでがんがん家を建てているケースがあります。

 

それに、途中で放棄されている建築物がアフリカの田舎では見かけることも多いのです。これは建築途中で施工主が何らかの形でお金が尽きたか、寿命が尽きたか、で最終的な“家”までたどり着かなかった可哀想なケースです。再生可能な竹がすっぽりと建造ループに入っていくのを創造していただければ、こういった中途半端な夢半ばで放置される建造物だって、少なくなるはずです。
「それに、竹を植えて、収穫して、加工すれば、材料だってお金がかからない。竹を使った工芸品や家具などの製造販売もできるしね」

 

まだまだ彼の始めたプロジェクトが、きっちりと運営できるような資金計画なども緒に就いたばかりです。が、ありがたいことに、同じ大学で建築を学び、建築士の資格のあるビジネスパートナーとよちよち歩きながらも建築事務所を発足することもできました。
将来は、政府が認める公けな建築材料として“竹”を登録することも必要となってくるでしょう。

 

修士号の授与式に先駆けて大学が設けてくれたお祝いの席で、修士課程の教授が、彼のプロジェクトを評してこんな言葉を私にかけてくれました。

 

「彼の論文を読んで私は泣きました。彼がしようとしていることは、“優しい”んです。優れた建築家の論文はこれまでにもたくさん読んできたけれど、彼のしようとしていることは、人間に対する優しさに溢れています」

 

幼い頃から、カンジは感受性が人とは違い、また言語表現があまり得意ではなかったことから、多くの場で誤解も受けてきたし、人に迷惑をかけたこともたくさんありました。


が、彼が“建築”という職業に出会い、いろいろ試練にもつぶされそうになりながら、そして、人より多くの時間がかかったとはいえ、ここまでたどり着いたのは、一重に自分の未来をあきらめなかった彼の努力の賜物です。


自分の子どもが自分を乗り越えて、さらに進化していく過程を見ることができるというのは、親にとってこれ以上の喜びはありません。まだまだ失敗も、挫折もあることでしょう。でも、その志が自分以外の外に向かっている限り、彼はきっと笑いながらその関門を乗り越えていくはずです。


夫も空のどこかで、カンジがつなごうとしている彼の思いを受け止めて、満面の笑顔になっているかな、と想像しています。

 

 

author : y-mineko
| この人のこと、あの人のこと | comments(0) |

キャシー、そのガンとの闘い方

【2017.06.10 Saturday 22:09

 

「私の人生、本当に、本当に素敵だったのよ。その最後をガンとの闘いで終わらせたくないの」

 

こう言ってほほ笑むキャシーと私のお付き合いは、いまから10年以上前、彼女が私にくれた一本の電話から始まりました。

 

「あなたのことが書かれている新聞の記事を読みました。今度日本に旅行に行く前に、ぜひ日本のお話を聞かせてくれませんか」

 

私が南アフリカに移住する直前に鈴木出版さんから出版させていただいた、『チャレンジ!地球村の英語』の売り上げの一部を地元の小学校に外遊びの器具を寄付したことが地元の新聞に掲載されて、そこから彼女が私にたどり着いたのです。

 

こんな出会いの後、キャシーは文字どおり私たち家族にとって、ダーバンでの大切な家族の一員になってくれました。

 

家族の行事に参加することはもちろん、去年は1200キロもダーバンから離れたグラムスタウンへのロード旅行にも一緒に行きました。娘のショウコが婚約者アディアを連れて来た時、じっと彼の話を聞き、「私たちってなんて幸運なの、こんな素敵な青年が私たちの家族になってくれるなんて」とまで言ってくれるような存在になっていたのです。

 

そのキャシーが、先月、卵巣がん、しかもステージ4の診断を受けました。

 

動揺する私たちに、キャシーは明るく、穏やかにそして笑顔を浮かべて冒頭のようにつぶやいたのです。

 

キャシーは、1938年英国のボルトンという工業の街で生まれました。その頃の若い男女が出会う場であった、ダンスホールで知り合ったアランと19歳で結婚しました。

 

彼女の人生の最大の悲しみは、そのアランとの間に生まれた二人の子どもを、それぞれ6週間と14週間で亡くしたことでした。


二人の赤ちゃんとも、皮膚の再生に関係する同じ病気で亡くなりました。が、その後離婚したアランは、再婚した相手との間に一人子どもを授かっているので、どうやらアランとキャシーの何からの遺伝的要因がかみ合わなかったらしいのです。

 

1965年、彼女はアランと英国から東アフリカに移り住みました。タンザニアに6年、ケニアに2年。英国人駐在員家族として、素晴らしい数年間を東アフリカで過ごしたそうです。

 

ここでの生活が彼女の世界を広げた、と言っても過言ではないそうで、多くの異文化との遭遇によって、これまで彼女の知っていた世界がどんどん広がって行きまた。

 

東アフリカでの8年間が過ぎ、英国へ戻って2年が過ぎました。アランとも感じていた英国での暮らしの閉そく感が彼らをまたアフリカへ向かわせました。その時に選んだ土地が南アフリカのダーバンだったのです。

 

「人生のハイライトは?」

 

という私の質問に、彼女は何の躊躇もなく、こう言いました。

 

「2回も恋に落ちたことよ」

 

アランとの27年続いた結婚が破たんして、一人暮らしを始めた彼女が出会ったのは、当時ダーバンでギャラリーを経営していたゴードンでした。12歳年上のゴードンは、自分も芸術家であり多くの絵画や彫刻の作品を彼女に残しました。

 

彼女が本当に嬉しそうに話してくれたのは、その当時ゴードンがどれだけ素敵で魅力的で、奥様に先立ていた彼がダーバンの多くの女性の憧れの的だったか、ということ。そして、彼が私を選んでくれたのは、本当に思いがけなかった、と頬を染めました。


そのゴードンも病に倒れ、彼女は献身的に看病に当たりました。3年ほどの闘病生活で彼は亡くなりました。それでも、ゴードンとの20年間の生活は精神的に豊かで愛情に溢れ、外国へも旅行したり、素晴らしいものでした。さらに彼の子どもたち、孫たちは現在、キャシーに取ってかけがいのない家族になっています。

 

ゴードンが亡くなって、彼女がしたことは、若い頃からコツコツとお金を貯めて目標にしていた日本旅行でした。それが私との出会いのきっかけでもあります。

 

その他、近所の孤児院で長年子どもたちの宿題などの面倒をみるボランティアも続けていました。

 

こういう風に彼女の人生を辿ってみると、本当に山あり谷ありの中にも、彼女がいかに毎日を丁寧に自分の信念を持って生きてきたかが見えてきます。

 

「ガンの告知を受けてね、精神的にまったく動揺しなかったの?」

 

と、尋ねた私に、

 

「最初はね、確かにショックを受けたわ。でも、もう来年で私は80歳。もうどれだけいい人生を過ごしてきたか。感謝するだけなのよ」

 

彼女のガンの治療の計画は、手術はしない、放射線治療もしない、ということ。とにかく、彼女のQuality of Life(生活の質)を維持するためだけの治療に専念する、ということで本人、家族、医療チームも合意しています。

 

現在、こちらでChemotherapyと呼ばれる化学療法が始まり、9週間に及ぶ、毎週一回3時間半、点滴を受けています。ここで3回目の点滴が終わりました。

 

体調はまあまあだそうです。とにかく、卵巣から始まって、腹部にかなり転移してしまっているガン細胞を小さくして、彼女の体への負担を減らすことが目的です。

 

南アフリカの医療制度は、日本のそれと大きく異なります。まず、国民健康保険というものが存在しないので、保険は各個人が自分で契約しなくてはいけません。

 

彼女の場合非常に幸運で、彼女が20年勤め、60歳で定年退職を迎えた職場、ダーバンの国立大学、Kwazulu Natal University は、1984年以前から勤務していた職員は、退職した後にその月々の契約金を払うことなく、勤務時と同じ保険内容が得られる、という保証をしてくれているのです。彼女は大学のエンジニアリング学科の秘書をしていました。


お金の心配をしないで、治療が受けられるのは本当に幸運です。また、南アフリカは、それこそ、お金さえあれば、先進国に負けないレベルの治療を受けることが可能なのです。


本当に、一回も感情的にならないなんて、どれほどの精神力なのでしょう。そして、彼女の独立心の旺盛なこと。とにかく、どんなときでもどんなことでも、自分でなんでもしたいのです。


彼女は基本的に一人暮らしです。ですから、いま、食事の世話がやや心配で、こちらの友人一同でなんやかやと世話を焼いていますが、それも彼女にとってはどうも負担に感じているようなのです。


「私は大丈夫だから!」

 

と、何回も何回も言われてしまいます。

 

が、そんなことで引っこむほど、関係は薄くないのです。皆が交代でキャシーの「大丈夫だから」を無視して、お節介を続けています。


そんな彼女がこうも言いました。


「一回だけ感情が溢れてきたのよ。それは、トニー(ゴードンの息子)がね、いま駐在しているシンガポールから電話をかけてきてくれた時。電話だったからかしら、励まされて、おいおい泣いてしまったの。受話器からね、トニーの励ましのパワーがどんどん感じられて、肩がふわっと軽くなって、気がついたらわんわん泣いていたのよ」

 

これを聞いて、心から安心しました。

 

「多分、ああやって泣くことも私には必要だったのかも」

 

と、言う彼女です。

 

正直で、一生懸命で、お茶目で、ポジティブで、賢いキャシ―。人生のお手本がこんなに近くにいることに感謝するのみです。


キャシーと私の約束は、来年のショウコとアディアの結婚式には必ず出席する、ということ。それまで、いや、それ以降も、キャシーが安心して、心穏やかに過ごせるよう、お手伝いするつもりです。

 

 

 

author : y-mineko
| この人のこと、あの人のこと | comments(0) |

娘•ショウコが婚約しました

【2017.01.01 Sunday 05:30

娘のショウコが婚約しました。

 

お相手は、6歳から南アフリカに住むイスラエルからの移民の青年アディア君です。ショウコより9歳年上の彼は、穏やかで優しく、しっかりしていて、安心して娘を新しいステージに送り出すことを託せる相手です。

 

南アでは、私たちも日本からの移民です。私たちも、差別やいわれのない中傷を受けたこともないわけではありません。が、なんと言っても圧倒的に見かけの違うアジア人の容貌をしているので、その程度はたかが知れています。

 

それに、差別をしてくるのは、私たちを知らない顔の見えない人々です。個人的に私たちを知っていて、差別してくる訳ではないので、そういう志の低いところからの攻撃は無視するか、こちらの度量ではね返せばいいのです。


でもね、それだって、差別はあるのです。

そして、それはどうしたって、どんなレベルでも、嬉しいものでも楽しいものでもありません。

 

 

でも、実際にそれを経験しないと、どんなに共感力のある人でも、その"当事者たち"と同じ土俵に立つのは難しいでしょう。

 

そう言う意味で、南アで生きていくと決めているショウコに、こういった負の感情に一緒に向き合っていけることもできるパートナーとめぐり合えたことは天性の運の良さの表れでしょう。もしかしたら、天国のお父さんやおじいちゃんおばあちゃんの計らいでもあるのかな?


私は人生は冒険だと思っています。そして、常々、考えすぎはよくない、と言っている人間ですので、今回のことも大賛成しました。


さて、実はショウコさん、ここで南アの大学を卒業する予定だったのですが、一昨年から南ア中の大学で吹き荒れている学費をめぐる生徒たちのストライキのおかげで年明けまで最終試験は持ち越しです。でも、それが済んだら2017年は日本に長く滞在して日本語力に磨きをかける計画を立てていました。
 

日本行きはもちろん実行するようですが、彼との関係もはっきりさせてから南アを出発したかったようです。


というわけで、今回、彼女から彼にプロポーズをしたそうですよ。今アメリカのオレゴン州の雪の中にいますから、片膝を雪につけて、"Will you marry me?" 

 

と決めたそうです。


普段からフェミニズム思考の強いショウコです。こういう伝統的な犢垰″? にも普段の心情を反映させて、母は心から嬉しかったです。

 

 

でも、これには落ちもあります。

 

彼から、形式通りに、「お嬢さんと結婚させてもらえますか?」と聞かれた私の最初の一言は、"Are you sure?" (ええ?本当にいいの?)、とつい本音が出てしまったのです。だってねぇ、ショウコの母ですから!


三人で大笑いしました。

 

 

私はこれまで多くの場で、多くの子どもたち、大人に異文化を受け入れることの楽しさを伝えてきた人間です。自分が率先して、その具現者でありたいとも思ってきました。

 

私にとって、母方のルーツはポーランドから、父方のルーツはイスラエルからのユダヤ系家族が自分たちの家族になってくれるということに心の底からの喜びを感じています。

 

いま、米国のオレゴン州におりますが、その米国人の家族も大喜びしてくれて、なかでも、ベバリーおばあちゃんが、「Welcome to the family! とアディア君に言ってくれているのを聞いて、涙腺が緩みました。

 

2016年は仕事面において、なかなか厳しい局面もありました。でも、くじけている場合ではないですね。もうちょっと私の出番はありそうです。

 

肌の色が違っても、信じる神様や習慣が違っても、人間は分かり合えるんだ、という単純で力強いメッセージを自分の生活を通して発信していくことが大切、ということを実感する2016年の大みそかです。

 

 

author : y-mineko
| この人のこと、あの人のこと | comments(2) |

UBERが後押しするアフリカの青年の夢

【2016.11.01 Tuesday 22:35

UBER(米国発配車サービス)は日本ではまだあまり発展していないようですが、その対極にあるのが、アフリカ大陸での急成長ぶりです。


UBERは2009年に米国のサンフランシスコで誕生し、2012年には国際的にその事業を展開し始めました。アフリカには2013年南アフリカのヨハネスブルグでその営業を始めています。2016年10月現在、以下のアフリカの都市でUBERが使えるようになっています。


南アフリカ:ヨハネスブルグ・プレトリア、ケープタウン、ダーバン、ポートエリザベス
ナイジェリア:アブージャ、ラゴス
エジプト:カイロ、アレキサンドリア
ケニア:ナイロビ、モンバサ
ガーナ:アクラ
ウガンダ:カンパラ
モロッコ:カサブランカ

 

実は、私が実際にUBERを使ったのはごく最近です。


南アフリカ・ダーバンに住み仕事をしている私は、通常、移動には自分の車を使います。が、今回、続けてタンザニアとヨハネスに合計2週間出張する機会があったので、自宅と空港の往復にUBERを使ってみたのです。

 

最初のUBERは、ダーバンの町中から空港(約19キロ)まででした。料金はR146、日本円にして1100円ほどです。通常のタクシ―ですとR220から、ということですので、料金的にはUBERが35%ほどお得ということになります。

 

タンザニアではUBERを使う機会に恵まれなかったのですが、ヨハネスでは友人と一緒に頻繁にUBERを利用しました。ヨハネスに住む友人が、”Let’s UBER!”とUBERを動詞として使っていることに驚かされました。もう、動詞になるほどUBERがヨハネスでは市民権を得ていたのです。

 

ダーバンの空港から我が家までは、R474(3600円)で、かなりお得感がありました。以前、空港でタクシーを使って、我が家に着く前に、あまりの高さに途中下車しようとさえ思ったことがあるからです。ちなみに我が家から空港までは60キロです。
さて、国際的にも同じだとは思いますが、南アでのUBERの使い方はこうです。

 

    利用者のスマートフォーンに、UBERの無料アプリをインストールする。
    そのアプリに利用者の個人情報と使用したいクレジットカードの情報を入れる。
    クレジットカードは、ビジネス用と個人使用とに分けたい場合、複数のカード情報を入れることができる。
    UBERを使用したい、と思ったら、アプリを立ち上げて、利用者の所在地を確定する。
    行先を入力する。
    利用者の現在地から一番近くにいるUBERドライバーに連絡が入り、何分で利用者の現在地に到着するか、といった情報が届く。
    ドライバーの名前と車両のナンバープレートの番号情報が届く。これは、UBERの車両には、一切UBERのロゴなどが示されていないため。
    想定される料金情報が提供される。
    ドライバーの現在地情報がどんどん更新される。
    ドライバーが到着し、利用者がUBERのアプリで示されている車のナンバープレートを確認して乗車する。
    高速料金などは、ドライバーが負担し、料金に加算される。
    目的地到着。
    チップも料金もすべてカード決済のため、そのまま下車する。

 

*私の携帯に届いたスボンギレの写真と料金の提示

 

これが一連の流れです。正直言って、アフリカで暮らしていて、ぼったくられる可能性が非常に高い外国人である私にとって、これはかなり画期的な体験でした。

 

また、UBERの運転手さんたちのフレンドリーなことと言ったら、感激ものでした。

 

性格柄?商売柄?、根掘り葉掘り彼らに質問してしまいました。まず、UBERのドライバーになるためには、自分の自動車を持っていなくてはいけない、ということ。新車である必要はないようですが、中古車でも4年以上使った車はダメ、ということです。また、車両保険なども必ず入らなくてはいけないルールがあるようです。

 

UBERが営業許可を受けていない、いわゆる“白タク”ではないのか、という疑問もあるようですが、ネットで調べてみる限りでは、南アでの営業許可は収得しているようです。

 

UBERのドライバーがUBER社に手数料として持っていかれるのは売り上げの20%だそうです。UBERに職替えして、ものすごくシアワセだ、という、運転手さん・スボンギレ(仮名)にずばり聞いてみました。彼は前職の営業中に怪我をして、その保険金を頭金にして、新しめの中古車を購入しUBERのドライバーになり、現在に至っているそうです。

 

「すべての経費、それこそ、車のローン、ガソリン代、車両保険代、修理費、タイヤの代金などなど、すべて引いて月額どのくらいの収益があがるの?」

 

「すべての経費を引くと、手元に残るのは、平均でR15000(11万3千円)ほどかな。UBERのドライバーになる前の運送会社では無理を言って12時間くらいシフトを組んで働かせてもらっても、給料の総額が税金を引かれる前でもっと少なかった。実際手取りはR9000(68000円)くらいだったから、僕は今、ものすごく嬉しいんだ。家族もね!」

 

実際、現金収入としてのこの金額は、大学を卒業した公立学校の先生の月給がR8000〜R20000くらいだということを考えると、破格です。

 

スボンギレは、目を輝かしてこんなことも語ってくれました。

 

「このいま使っている車のローンもあと少しで終わる。そうしたら、もう一台の車を買うための頭金が貯金できるんだ。あと2年以内にはもう一台新車を買って、運転手を雇って二台目のUBERのオーナーになるつもりなんだ。僕にこんな希望を与えてくれたUBERにはとっても感謝しているんだ」

 

彼の境遇を聞いてみると、シングルマザーのお母さんに育てられて、一番年長の彼は、下に5人の弟がいるそうで、弟たちの学費はすべて彼が面倒を見ているそうです。

 

南アフリカで多額の資本も持たず、学歴も特殊なものを持っていない青年が、社会的にのし上がって行くのは不可能ではないにしても、かなり困難です。

 

まず、将来の展望をこんなに希望を持って語ること自体が非常に珍しいのです。さらに私が感嘆したのは、彼のこんな発言。

 

「僕はダーバンにいるUBERの運転手の組合を作って、車両保険会社と保険料の交渉をしたいんだ。中にはあまりいい保険にはいっていないドライバーもいるんだよ。大勢で加入したら、保険料だってもっと値引きされていいはず」

 

スボンギレの視野には、自分だけでなく、他の同業者のことも入っているのです。弱冠28歳でこの矜持。これはUBERの事業形態が、アフリカにおいて起業家精神を持つ若者を後押しいているか、ということの証明です。

 

UBERはここにきて、アフリカならではのサービスも始めています。それはずばりキャッシュでの支払いです。このキャッシュでの支払いを試したケニアでのナイロビではそれまでの3倍に利用者が増えた、ということです。

 

ただUBERには、やや懸念されることもあります。

 

それはずばり、税金の支払いです。なんと、スボンギレは、収入に関わる税金はUBERに鞍替えしてから一回も払ったことがないそうです。これでは他のタクシー会社から文句が出るのは当然です。南アは年間収入が約60万円以上になると、所得税がかかりますから、元締めの南アUBER社がドライバーたちを“個人事業者”として、厳しく指導していくべきのことでしょう。難しそうだけど……。

 

残念ながら、地域によっては、お客を取られて不満のある他のタクシー会社のドライバーたちがUBERの車にいちゃもんをつけたり、暴力沙汰になったり、ということも起きているようです。

 

新しい社会現象が起きると、旧体制から嫉妬されたり、また後追い的に制度ができてくるのは世の常です。つまり、新しい動きに社会が追いついていない、ということですね。でも、ぜひこういったスボンギレたちドライバーの夢がつぶされないよう、柔軟に対応していって欲しいと願っています。

 

スボンギレ、がんばれ〜!

 

author : y-mineko
| この人のこと、あの人のこと | comments(0) |

偏見と差別、何のために?

【2016.05.29 Sunday 17:48
考えてみれば、こと、“差別・偏見”という感情に関して、私はかなり幸運な出会い方をしていたのかもしれません。

「カズコちゃんはチョウセンジンなんだよ。何でカズコちゃんと遊ぶの?」

と、囁かれた私は当時小学5年生。

そこは東京の郊外の田舎町。転校した小学校に入学してほどなくしてこんなことを数人の女の子に伝えられたのです。

その時、私は、ただ、平気な顔をして、「ふ〜ん」と言ったはずです。

不思議なことなのですが、私にはこの頃よりももっと幼い頃から、どういう理由で備わったのかは確かではありませんが、「小さい声で囁かれる情報は変なものが多い」という、ぼんやりしてはいるものの、かなり確固とした“知恵”のようなものがありました。

でも、その時の自分の心臓の激しい動悸は記憶に鮮明です。

「これ、何かがおかしい。何かが変だ」

と、根拠ははっきりしないものの自分の中に怒りの感情が湧き上がってきました。

学校が終わって駆け足で家に帰り、母が仕事から戻るのを待ちました。帰宅した母にこのことを告げると、母は時間をおかず、静かにこう言いました。

「カズコちゃんはみいちゃんのお友達でしょう。これまでどおり、まったく普通にあそびなさいね」

母は、実直な性格で働き者でした。この頃の母は、何かを口で言い含めるようなことはあまりせず、黙々と自分の仕事をこなし、母の信条であった決めたことをきちんとする、ということを自分の身を持って教える人でした。

昼間は片道一時間以上かけて八王子の呉服屋さんで働きながら、当時移り住んだ土地の閉鎖的なしきたりとも戦っていたようでした。

母は、昭和一桁の東京生まれで、第二次世界大戦を東京で経験した人でした。もちろん、日本がこれまでしてきた韓国・朝鮮籍の方々への差別をたくさん見てきたはずです。が、新しい土地に移り住むことで、いわれのない偏見や誤解とも自分たち夫婦が戦っていたこともあって、子どもたちの噂話からさえも分かるカズコちゃん一家への偏見は、非常に好ましくないもの、と判断したのでしょう。

思い返してみれば、父も母も、韓国・朝鮮籍の人たちのことを悪く言ったり、差別したり、ということを家庭に一切持ち込みませんでした。よって、私も妹たちもそういった感情に触れたことも向き合ったこともなかったのです。

「どうして、トモコちゃんたちはそんなことを言うの?」

という私の質問に、母はこう言いました。

「トモコちゃんたちも可哀想だね。周りの大人にそんなことを言う人がいるのかな。大人はいろいろあるからね。でも、子どもはそんなこと関係ないでしょう。子どもは大人とは違うんだよ」

私はこの母の言葉に安心し、納得し、次の日もその次の日も、カズコちゃんとどんどん仲良くなっていきました。カズコちゃんのお母さんの作ってくれるおやつや食事が大好きだった私は、放課後、本当によく彼女のお家に遊びに行きました。

ただ、早熟な本の虫だった私は、島崎藤村などの文学から、カズコちゃんやカズコちゃんの家族が国籍の違いが原因で差別され、就職や結婚などでも大変理不尽なことを強いられていることをそれから時を経ずに学んでいきました。

文学の中で繰り広げられる惨酷な人種差別の実態を知れば知るほど、私は憤りに振るえました。そして、自分は決してこういうことを広めない大人になろう、と真剣に思いました。

ただ、カズコちゃんとの仲は、別にこういった“義憤”によって成り立っていた、という訳ではなく、ただただお互いに気があった、ということが大きかったのです。

私が冒頭で、「“差別・偏見”という感情に関して、私はかなり幸運な出会い方をしていたのかもしれません」と書いたのは、10歳前後の私の心に、このカズコちゃん事件は、国籍が違うだけで、人を卑下したり、差別したりすることが、いかに下賤で下品で知性のかけらもない行動であるか、ということを明確に指し示してくれたからです。

その後の私の人生に大きく影響を与える人種差別の愚かさを学んだのです。

私の耳にそんなことをささやいた数人の女の子たちがその後どんな人生を送ったかは知りませんが、カズコちゃんと私は大人になり、社会人になり、結婚し、母親になり、といった人生の節目節目に関わり続けています。

カズコちゃんはいまは帰化して日本人になっていますが、在日韓国人として、日本に生まれ育ちました。ご両親、特にお母様が韓国の伝統的な価値観を大切にされる方で、一族の絆をそれはそれは大切にされていました。

カズコちゃんは昔から、そのおっとりとした性格がそのまま顔に出ているような人で、結婚前の一時期、白無垢の花嫁さんのモデルをしていたこともあります。

写真を通してもそのまま伝わってくるような彼女の素直で優しい性格は、正に一昔前の従順で無垢な花嫁さんでした。

彼女の家族よりもやや近代的な価値観で育てられた私には、彼女が高校を卒業して家の飲食店のお手伝いをさせられて、お小遣い程度の“給料”をもらっていることなどにも違和感を覚えたことを覚えています。

若い小娘だった私がその時想像さえできなかったのは、家族を守るためには、時間をかけて、幾世代もかけて自分たちの地位を確立させていく、という考え方だったのかもしれません。差別がひしめく日本社会で娘を働かせて、必要のない差別を受けることから守ることだって親だったら当然考えていたことでしょう。

その伝統的な家族観にしっかり守られていたからこそ、彼女の鷹揚とした性格がそのまま生き延びたとも言えるでしょう。

そして、次世代の親となったカズコちゃんの子育てを見ればあの時のお母さんの選択が正解だったことがよくわかります。

同じ韓国籍の男性と結婚し、三人のお子さんにも恵まれましたが、残念ながらお連れ合いは病気で早逝されました。カズコちゃんの三人の子どもたちは、家業を継ぐわけでもなく、自分の選択したそれぞれの道を歩き始めようとしています。

昨年の暮れ、彼女の家族と何十年かぶりで再会しお食事を楽しむ機会がありました。カズコちゃんとは何回も会っているのですが、お姉さんご一家とはそれこそ、50年近く時を経た再会でした。

そしてその時、私の文章を前から読んでいてくれていると言う、カズコちゃんの姪の20代の娘さんから、大変意外なことを教えてもらったのです。

「峰子さんのこと、聞いていました。昭和40年代の差別がたくさんあった時代に、何の偏見もなく付き合ってくれたんだと。お母さんも一緒に一切の差別なくお付き合いしてくれたって」

不意を突かれて、泣いてしまいそうでした。

差別する、偏見を持つ側が一方的に悪いのに、こんな思いで私と私の母を見てくれていたんだ、という思いに胸が詰まりました。

50年前のあの土地の思い出が目の前に戻ってきました。

現在、南アフリカで、仕事にも恵まれ、友人にも恵まれ、二人の子どもたちもそれぞれが自分の道を歩き始めて、幸せに暮らす私の芯を支えるのは、こういった人とのつながりなんだと、つくづく思いました。

しかし、出自、出身国、または肌の色などで、人を差別し、迫害を加える人たちが世界には、そして日本にも大勢います。

私は日本に生まれ、日本、米国、欧州で教育を受け、大人になってからは人生の大半をアフリカで過ごしています。

もちろん、アフリカにも、特に南アフリカにはまだまだ人種差別は存在します。私がその差別の被害者になることもあります。
が、それがいかに何の意味もないものであるか、という事をどう伝えていけばいいのでしょう。人種、宗教に関係なく、気の合う人は気が合うし、合わない人は日本人同士だって合いません。

街頭で、

「朝鮮人は出ていけ」
「外国人は日本に住むな」

と人種差別を支持する人たちが叫ぶたびに、彼らが大事にしたいはずの“日本”のイメージが世界中に汚されて発信されます。

ヘイトスピーチの解消に向けた推進法が2016年5月24日、衆院本会議で可決、成立したのはたとえ現在罰則規定がなくても、大きな前進だと思います。

ただ、私は、ヘイトスピーチに賛同する人たち、その周辺の子どもたちに、推進法以前の問題として、出自、国籍って何なんだろう、人を攻撃してまで守りたいものというのは何なんだろう、と考えて欲しいのです。

私が常に思うのは、さて、500年後、私たちは何をしているのだろう、ということです。

国境はあるのかな?

パスポートは?

言葉は?

こう考えるとワクワクしてきませんか?

あと500年待たなくても、私たちは現在でもかなりいろいろな文化から刺激を受けて暮らしています。どうせなら、喧嘩するより、仲良く暮らせないのかな、と単純に思うわけです。

せっかく何かの縁があって出会った人たちとのつながりを大切にしてこそ、の毎日であり、人生です。

 
author : y-mineko
| 大切なこと | comments(4) |

月額3000円の子ども手当で妊娠を望むって?

【2015.11.18 Wednesday 23:47

南アフリカの第三の都市ダーバンから約45分ほど車を走らせると、目の前に広がるのは、行けども行けども果てしなく続くサトウキビ畑です。

ここは、クワズールナタール州の田舎、Hibberdeneと呼ばれる地域で、ウグ郡のUmzumbe Municipality内にあり、自治区全体の人口は約16万人です。主たる産業は農業ですが、人口の大多数を占めるZuluの人たちはこの延々と続くサトウキビ畑の持ち主ではなく、必要な時期だけに雇われる農業従事者です。

ここで郵政省のボランティア貯金助成金JICA草の根技術協力事業JICAの小規模プロジェクトなどをつなぎながら地域の発展のため、40校に上る小中学校、高校に図書館を寄贈し、学校菜園のプロジェクトを2003年から続けている日本人女性がいます。

平林薫さんは、ANCAfrican National Congress)の東京事務所の最後のスタッフの一人でした。薫さんはANCの事務所で働きながら南アフリカに惹かれ、ついに1997年南アに移住してしまった女性です。

その薫さんの案内で、彼女たちが図書館を設置した小学校、高校を何校か訪問しました。

薫さんが現在南ア代表を務めるアジア・アフリカと共に歩む会(TAAA)は地道に活動を続けていて、図書館に回す予算がまったくなかった地域の学校に確実に図書館を設置してきています。

多くの経済的に恵まれない家庭の子どもたちが通う地域にある学校で、子どもたちが自由に本を借りられるのは素晴らしいことです。

今回はあいにく、実際の図書館の活動は見学することはできなかったのですが、ある小学校での校長先生との話に私は深く心を動かされました。

校長先生は、Mrs. Mbambo 。このBhekizizwe 小学校に赴任されてから10年が経ちました。私たちが訪問した日、彼女は盛んに明日のお天気を気にされていました。なぜかというと、次の日はこの小学校の一年の最も大切な行事が控えていたのです。


それは、子どもたちを電車とタクシーを利用させて、HibberdeneからDurbanまで遠足に行く日だったのです。

その費用は日本円にして約1800円。これを親たちが1年かけて貯金するのです。全校生徒200余名の中、71名が今年は参加、ということでした。

残された130名の子どもたちのことに話が及びました。

1800円というお金は、多くの家族によって、一年かけても貯めることができる金額ではないのです。残念ながら。行けない子どもたちはかわいそうだけど、これがこの地域の現実です」

たった一時間しか離れていないダーバン。でも、この地域の子どもたちにとって、そこは遠い大都会であり、そこまでたどり着くのは並大抵のことではないのです。

この話を聞いてから、段々と言葉が少なくなってきた私に、校長先生がさらにこんなことを言い始めました。

「私が何を残念に思うかというと、この小学校でいい成績を残した女の子たちに限って、高校に入って9年生までにほとんどが妊娠して高校を退学してしまう、ということなのです。元気で活発だった女の子がほとんど皆そうなってしまう」

この社会的背景が何か、想像できますか。

実は、南アフリカでは、子ども手当、という福祉制度があって、子ども一人につき、月額3000円程度のお金が政府から支給されるのです。

考えらえないことですが、こういった田舎に住む、他に何の収入のあてもない女性たちが、この微々たるお金を目当てに妊娠し出産にいたるのです。

「彼女たちの親たち、とにく母親はこういうことをどう考えているんですか」

という私の問いに、校長先生はこれまた非常に過酷な現実を述べ始めました。

「彼女たちの母親は、だいたいがアルコールに溺れていて、母親らしいことは何もしていないのですよ」

これがすべてだとは思いません。が、現在9年生というと年の頃は145歳です。とすると、母親たちは30歳前後なのです。十分な教育を受けていない、就職先が本当に限られている地域で、多くの人たちが、希望もなく、またどんなことをしたらいいか見当もつかないで、アルコールや麻薬に溺れている、という現実がそこにありました。

アフリカに暮らす、ということはこういう現実が自分の目の前に広がっていることを直視する、ということも含みます。

で、自分はこれをどう捉えるか、ということです。

私は教師として、大人として、子どもたちには、教育が、あるいはもっと大きい意味で、“学ぶこと”が広げる可能性を実感して欲しい、と願い続けています。

でも、さすがにこのたかだか3000円のお金欲しさに妊娠に走る女子高校生たちに、何をどう伝えればいいのか、と茫然としてしまいました。

が、茫然としている暇はないのです。

私は自分が何をできるかをとことん考えました。Hibberdeneから帰宅して、何日も眠れない夜を過ごし、いろいろ考えました。

もしも自分があの地域に住む子どもだったら、将来、何かになりたい、と夢想することがあったのだろうか、と想像してみました。

目の前に広がるのはただただ風に揺れるサトウキビです。家に目を向ければ、お酒に飲まれてしまっている母親。父親は多くの場合は同居していません(ズール族の習慣で多額な結納金が必要なため、両親が結婚関係にあることの方がめずらしい)。多くの子どもたちの経済環境は厳しく、毎日の食事にさえ事欠くこともあるのです。

結局、何かを選択しようにも、世の中にどんな選択肢があるのか、というそもそもの情報が圧倒的に欠落しているのです。

「それだったら、あの日本で大ベストセラーになった、『13歳のハローワーク』を南アフリカバージョンで作れないだろうか」

というアイディアがウワ〜ッと勢いよく浮かんできました。

13歳のハローワーク』とは、村上龍さんが作成した中学生向けの仕事ガイドです。この本が優れているのは、なんといっても、中学生が自分の得意な分野から将来の仕事を学ぶことができることです。

いかに情報が隅々まで行き届いているような日本の社会でも、実際、子どもたちが将来の仕事としてイメージをわかせやすいのは、身近にいる大人の職業からかもしれません。

昔のように、家業を継がなくてはいけない時代はとっくに過ぎたのに、多くの人が自分の親の職業に就くことを選択するのは、やはりその職業が幼い頃から身近にあったことが大きな原因になっているのでしょう。

でも、Hibberdeneに暮らす多くの子どもたちにとって、自分たちの周りにある“職業”は、片方の手で数えられるほど限られているのです。

学校の先生、警察官、農業の手伝い、酒場の店員、タクシードライバー……。これらの仕事は世の中には必ず必要です。が、これだけではいかんせん、子どもたちが想像力を掻き立て、憧れの職業に就くことを目標としてもらうことは難しいです。

13歳のハローワーク』のページを見ていくと、本当にいろいろな職業を学ぶことができます。また、その職業に就いたら、一か月平均でどのくらいの報酬が期待できるのか、ということも包み隠さず記述されているのがとても具体的でいいと思います。

この本では、子どもたちが得意な学校の科目から、これを発展させると、こんな職業に就くことができるよ、と職業を紹介していきます。

各職業には、「そこにたどり着くには、どんな勉強をして、どんな資格が必要なのか」という実務的な情報もどんどん登場します。

子どもたちにとって、例えば、

「私はみんなでしている菜園のプロジェクトが好き」

という発言に、こんな風なつぶやきをしてあげられます。

「そうなんだ、菜園が好きなら、野菜を研究する人とか、農業とか、いろいろできるね」

「外で働くことが好きなら、公園を管理することもできるよね」

実は、学校の科目も、あり方も、日本と南アではかなり違いがあるので、村上さんの本をそのまま翻訳しても、南アの実情に沿ったものにはなりません。南アには南ア向けにまったく新しい視点でこういった類の本を最初から作り上げる必要があるようです。

小学生たちには絵本仕立てにして、世界にはどんな職業があるかを楽しく紹介してあげたいと思います。

中学生たちには、本の内容を厳選して、南アの公用語に翻訳して彼らの興味を広げたいと思います。

そして、高校生たちには、それこそ、南アのどこの教育機関で、それぞれが目指す職業に就くための勉強ができるかを具体的に紹介してあげたいと思います。

まだまだクリアしなくてはいけないことは多々ありそうですが、前進あるのみ、で邁進していこうと鼻息を荒くしております。

 

 

 

 

 

author : y-mineko
| 大切なこと | comments(2) |

政治を動かした南アフリカの学生たちのデモ

【2015.10.26 Monday 23:17

南アフリカの大学が大揺れに揺れています。



201510月、南アフリカのほとんどの公立大学で、学生たちが立ち上がりました。

最初はヨハネスブルグにあるWITS大学という、世界でも高い評価を受けている名門校で、来年の学費が約11%以上にも高騰する、ということに反対した学生たちのデモがきっかけでした。次に続いたのは、娘ショウコが通う、Cape Town 大学の学生たちでした。

Cape Town大学を始め、多くの公立大学が、いままさに始まろうとしていた学年末試験(南アの学校は、1月中旬、あるいは2月から11月まで)を中止して、学生たちとの交渉に当たっています。

23日は朝から首都プレトリアで、大統領Jacob Zuma氏に彼らの代表者たちが会って交渉するために、そのサポートをする数万人の学生が首都を目指して歩き始めたのです。

余談ですが、南アの非常に著名で実行力のあるNGOGift of Giversという団体が、大統領の執務室があるUnion Buildingまで歩いてくる学生たちに飲み物やスナックの提供をする、という報道が流れました。

これは、多くの南ア人の層が、学生たちを支援している表れ、と受け取られ、一気に学生たちへの支持が拡大しました。

英国ロンドンでは200名ほどの支援者が集まり、学生たちのデモの応援をしました。そういった様子はBBCや欧米のメディアでも大きく取り上げられ、南ア国内のメディアでは中東で起こったアラブの春と同じようなもの、と捉える記事もいくつか目にしました。

学生たちが立ち上がった背景は複雑です。

まず、この動きは、以前このコラムでも書かせていただいた、南アの大学のキャンパスで広がった、Rhodes Must Fall という白人至上主義の過去の遺物や考え方を排除せずに、南アに未来は来ない、という運動と無関係ではありません。

ソーシャルメディアでこの一連の動きは、上のRhodes Must Fallを受けて、#Fees Must Fallと名付けられました。

今年に入ってから、南ア全国の大学で、多くの学生たちがいまだに続く白人が牛耳る教授職や経営陣の体制に異論を唱え始めました。中でも、Cape Town大学は、いまだに経営陣は白人が圧倒的であり、授業料も他の大学に比べると高額なため、その不満のくすぶり方は、今回の授業料値上げが10%越えることをその激しい怒りに油を注いだような形になりました。

南アフリカで大学(短大を含む)に進学するのは、人口の2割程度です。しかし、学位を習得し卒業できるのは、入学時の45%に当たる学生です。55%もの学生が、学業の厳しさ、そして経済的な理由から脱落していきます。南アの大学は英国の大学に近いものがあり、一般教養的な科目はほとんどありません。息子は建築の修士課程、娘は舞台芸術の学士課程でそれぞれ勉強していますが、週の途中は授業と課題に終われ、アルバイトなどする暇もなければ、週末の数時間を除く以外遊ぶ時間もないほど忙しい学生生活を送っています。学位をとる課程は厳しく、教科をひとつでも落とせば即、留年です。

今回、学生たちが求めていたのは、来年の授業料の値上がりを0%にすること、将来的には、大学の学費を無料にすること、そして、大学内で働くスタッフの雇用条件を改善することでです。

教育省の大臣が、最初、上げ幅を政府の発表しているインフレ率6%という数字を提示しましたが、学生たちはそれを受け入れることなく、大規模なデモが連日続きました。そして、とうとう1023日、Zuma大統領から、少なくとも2016年の授業料の値上げはなし、という回答を引き出したのです。

ただ、大統領はまだどこを財源にこの提案を実現させるのか、ということを明言しておらず、不安はまだ続いています。タスクチームを立ち上げて、将来の大学無料化などを検討させる、ということまでは約束したのですが。

南アでは、私立の大学は数が限られていて、学生はほとんどが公立大学を目指します。年間の授業料は大学ごとに差はあるものの、約40万円から70万円ほど。生活費は寮に入ったとしても食費を含め、年間60万円はかかります。そうすると、大学生の学費、生活費は最低でも年間100万円はかかってしまうのです。

これは日本の感覚では安い、と思われるかもしれません。が、南ア全体で、国民の9割近くが所得税を払う義務から免除されているくらい少ない所得しかないのです。実に、人口のたったの13%しか所得税を納めていないのです。所得税は月額6.5万円から発生します。つまり、国民の9割近くが月収6万円以下の収入しかないのです。年額100万円を月単位で考えると優に8万円を超えてしまいます。月額6万円の収入ではいかんせんこれを負担するのは不可能です。

故に、多くの学生は奨学金や教育ローンを組んで、やっと金銭的な工面をします。よく聞く話が、卒業に必要な単位はすべて履修しているのにも関わらず、卒業するためには、大学への授業料の支払いが滞っていて、卒業証書をもらうのに数年かかってしまった、という例です。

それだからこそ、今回の学生たちのデモは、多くの人々の支援を得ました。一部ではタイヤを焼いたり、バリケードを張ったり、という暴力に走った学生もいたようですが、多くはかなり平和的にデモをしていました。



その正反対だったのは、警察の対応です。学催涙弾やゴム弾を撃ったり、スタン手りゅう弾と言われる“武器”を使って学生たちを鎮圧しようとしました。これは、いま、やりすぎであった、と様々な人々が意見を述べています。

さて、学生側は当初の要求の一つであった、授業料凍結を勝ち得ました。が、デモはまだまだ続いていて、20151026日現在、多くの大学の授業はまだ再開されていません。

どうしてかというと、学生側のもう一つの要求が、まったく解決の糸口さえ見えてきていないからです。

大学で働く多くのスタッフは、派遣労働者です。学生側はこれこそ、昔からあった人種に階級性がある制度の名残であり、大学では労働者を直接雇用し、彼らの待遇を改善しろ、という要求を強くしているのです。

この闘争、解決策が打ちさされるには、難題がまだまだ山積みです。

二人の大学生を持つ私としては、彼らの気持ちは痛いほど分かるとしても、学年末の試験が受けられないとすると、結果的に彼らの今年の努力とか、授業料は、どうなるのかな?と不安も募ります。


デモの最中にソーシャルメディアを活用する学生たち

写真のクレジットはすべて、 Shoko Yoshimura。

author : y-mineko
| 大切なこと | comments(0) |

「もういいよ」と言われるまで

【2015.10.03 Saturday 03:49
「お母さん、私もKoreansって大嫌いだよ!」

と、学校へ迎えに行った私に、顔を真っ赤にして鼻をぶんぶん震わせて、当時8歳だった娘が言いました。

これは、今から13年くらい前の2002年頃のことでしょうか。家族で赴任していた南部アフリカの小さな国、マラウィの首都リロングウェで英国系のインターナショナルスクールに通う娘ショウコが経験したことです。

幼い頃から真っ直ぐで、どんな環境にも笑顔で飛び込んで行くショウコのこの言葉。何があったのかを聞くと、こんな出来事を話してくれました。

「今日ね、リセス(休み時間)の時ね、Junsuが皆の前でね、“I don’t  like Shoko because she is Japanese(ショウコ嫌い、日本人だから!).  Japanese people kill many Koreans!(日本人たくさんの韓国人・朝鮮人を殺すんだ) って言うんだよ。ショウコはね、頭に来たから、”That’s not true!(そんなこと本当じゃない!)  We don’t kill Koreans! (韓国・朝鮮の人のこと殺したりしていない!)  You are a liar!”(嘘つき!) って言ってやったの  !」

これを聞いて、茫然としてしまいました。

私とこのJunsuのお母さん、マーサは、私たちがマラウィに着任したばかりの頃、リロングウェの町のことを親切に教えてくれた恩人。その頃も、一緒にいろいろな活動をすることが多い間柄で、家族で食事を呼んだり呼ばれたり、ということもしている仲だったのです。

とにかく、ショウコには遅ればせながら、日本がした戦争のこと、日本の軍隊が韓国や中国でした残虐な行為、戦争というものが、どんな時代であろうとも、何処の国が関係していようと、どんなに非人間的な行為であること、などを静かにゆっくり言い聞かせました。

マラウィという土地で、自分の幼い娘にこんなことを必要に迫られて説明するとは想像もしていなかった私も甘かったのです。

次の日、彼女の通う学校の図書館に戦争関係の子ども向けの本を探しに行きましたが、なかなか思ったような本は見つかりませんでした。そこで、その時は、「木陰の家の小人たち」を読み聞かせました。ショウコも5歳上のカンジも静かに何晩かかけて展開されていく物語に聞き入っていました。

戦争は国と国とが争う、“ケンカ” だ、という事実にショウコも気がつきました。


            8歳の頃のショウコ

さて、この話をどうして今書いているかと言うと、安倍首相の70年談話を読めば読むほど気になることがあるからです。

安倍首相の戦後70年談話のこの部分を読んでください。

寛容の心によって、日本は、戦後、国際社会に復帰することができました。戦後七十年 のこの機にあたり、我が国は、和解のために力を尽くしてくださった、すべての国々、すべての方々に、心からの感謝の気持ちを表したいと思います。

日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

しかし、それでもなお、私たち日本人は、世代を超えて、過去の歴史に真正面から向き合わなければなりません。謙虚な気持ちで、過去を受け継ぎ、未来へと引き渡す責任があります。


私は、いろいろな面でこの談話には納得しない部分があるのですが、特に、「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」という考え方にどうしても賛成できないのです。

確かに、親として、自分の子どもが冒頭の出来事のように、一方的に攻撃されるのを嬉しく思ったりはしません。

が、私はそれでも、私たちが日本人であることで何らかの恩恵を蒙っているのであれば、先の日本が引き起こした戦争への謝罪を繰り返しし続けていくのは必要なことではないか、と考えます。

すべての日本の子どもにこれをもちろん押し付けるつもりはありません。

しかし、日本政府機関の一部に従事する人間の家族として滞在していたマラウィでこういう経験をしたわが子には、やはり、歴史の厳粛な事実を教え、自分たちが憤りを持つ相手は、目の前で自分を非難する友人ではなく、戦争を起こした日本なのだ、という私の考えを伝えました。

そして、日本から遠く離れたアフリカのこんな場所で、小学生の子どもに、戦争で被ったであろうその傷をまだ忘れずに、“怒り”として、日本人の子どもを巻き込むその家族へも思いを馳せました。

きっと、私などが想像できる以上の経験を家族のどなたかがされたんだろう、と思います。それでも、私たちを家に呼んでくれたり、親切にしてくれたり、とお付き合いしてもらっていました。

表と裏とで違うことを言ったり、やったりしている、という意見もあるでしょう。でも、私は、家の中でリラックスしている状態で、自分が心に思っている本音を家族にポロリとこぼすことはとっても自然なことだと思うのです。

マラウィに来たばかりの日本人一家に親切にしながらも、つい本音では、戦争のことを話してしまった。それを子どもがそのまま学校でその日本人の子どもに伝えた、ということだと思うのです。

ショウコの反応はもちろんこうでした。

「変だよ!だって、私はJunsuに何もしていないよ!!ショウコは戦争だってしていないよ!」

8歳の子どもの反応として、これは当然のことだと思いました。

でも、ショウコには、例え自分が直接危害や攻撃をしなくても、同じように“加害者”となる場合があることを説明しました。

例えば、いじめ。

彼女には、いじめられている人がいて、それを見ながら何もしなかったら、自分もそのいじめをしているのと同じなんだよ、ということをよく話していたので、この“いじめ”ということをもう一回説明した時に、はっという顔になりました。

戦争をしていないショウコは全然悪くない、でも、ショウコは日本人で、Junsuは韓国人で、日本は韓国にいたたくさんの人に戦争中ひどいことをした。それをまだ許せない人がいる。ショウコはここまで理解しました。

8歳の子どもにはこれで十分だと思いました。

ただ、私はその時ショウコに、Junsuに日本人として、先の戦争で甚大なる被害を韓国・朝鮮の人にかけたことを謝らなくちゃいけない、とは言いませんでした。彼女には、二人の言い争いの“時制”が間違っていることを指摘し、今は日本と韓国では戦争もしていなければ、殺し合いもしていないことを伝えました。

私は、自分では、先の戦争で被害にあった方たちには、謝罪を続けるのは当然だと思っています。ただ、この時のショウコにはそれを求めたり、強制したりはしませんでした。

なぜならそれは、この “謝る” という行為は、彼女がもう少し大人になってから自分で決めることだと思ったからです。年代が上がるに連れ、彼女も自分の知識として、戦争のことを学び考える時期が訪れます。その時に、母である私の立場も理解するでしょう。

私が謝罪を続けるべきだ、と考えることと、彼女にその謝罪を強制するのはまた筋の違うことだと思ったのです。

村上春樹氏は、2015年4月17日東京新聞とのインタビュー【時代と歴史と物語】の中で、「相手国から『十分に謝ったのだからもういいよ』と言われるまで、謝り続けるしかないのではないか」と述べています。

私の信条はこれに一致します。

お詫びって、いくら自分たちの口からそのことについて謝罪を繰り返しても、相手に伝わらなかったら、何もなりません。それに、心から謝りたい、という気持ちのない謝りほど空々しいものはありません。

子どもたちに、“謝罪を続ける宿命”を負わせるのではなく、歴史を直視し、「自分たちは謝罪を相手から、「もういいですよ」と言われるまで続けるべきだろう」という強靭な精神が子どもたちに根付いたらいいな、と思うのです。

積極的に平和を求めるとは、このくらいの度量がなくては今世界で起きている様々な対立に立ち向かうことはできないのではないでしょうか。

私は歴史の事実に謙虚でいたい、と思います。これを自虐的、とは呼びませんし、呼ばれたくもありません。

南アフリカに住んで、多文化の人々の中で生活する私にとって、歴史に、文化に、そして人々の異なる感情に謙虚になることは、自分がこの地で心穏やかに生きていく上で、大切なことなのだと思っています。

author : y-mineko
| 大切なこと | comments(1) |


吉村 峰子
writer
English & Japanese
language instructor
interpreter
(Japanese - English)